万年初心者のための世界史ブックガイド

2018年3月26日

内田樹 『寝ながら学べる構造主義』 (文春新書)

Filed under: 思想・哲学 — 万年初心者 @ 06:54

今まで引用文カテゴリで散々内田氏の文章を引用してきたが、著作を単独の記事にするのは、ひょっとして今回が初めてか。

私の高校時代の世界史教科書では、哲学・思想の流れは実存主義で打ち止めで、構造主義という言葉自体が出て来なかった(今は違うと思います)。

本書では、構造主義の思想を、マルクス、フロイト、ニーチェの前史から始め、ソシュール、フーコー、バルト、レヴィ・ストロース、ラカンの五人に各一章を割り当て、紹介している。

難解なところは全然無く、スラスラと読める。

本書で取り上げられている思想家の著作を実際に読むというのは、私の知的レベルでは極めて難しいので、大体これくらいのことがぼんやりわかっていればいいか、とも思える。

中々手頃な本だと評価していいんではないでしょうか。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.