万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年8月29日

ジルベール・トラウシュ 『ルクセンブルクの歴史  小さな国の大きな歴史』 (刀水書房)

Filed under: オランダ — 万年初心者 @ 04:01

ベネルクス三国の中の一国だから、オランダカテゴリにまた追加できる。

中世の封建諸侯国家が国民国家の中に吸収されず、現在も主権国家として存続した例。

似た国としては、さらに小国として、スイスとオーストリアの間にリヒテンシュタインがある。

963年アルデンヌ伯爵家の初代ジークフロイトが現在のルクセンブルクの地を入手したのが建国の起源とされる。

アルデンヌ家で最も有名なのは、第一回十字軍のゴドフロワ・ド・ブイヨン。

そこからしばらく系図が続き、1308年アンリ伯が神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世として即位、ルクセンブルク朝が成立。

子のジャン盲目王が、百年戦争で仏軍に加わり、クレシーの戦いで戦死。

ジャンの子カール4世と孫のジギスムントが帝位に就くが、ルクセンブルク家はここで断絶。

なおジギスムントは、一時自領だったが、重要性が薄れたベルリンを含むブランデンブルクをニュルンベルク城主のホーエンツォレルン家に譲渡しており、これがプロイセンの基となる。

ルクセンブルクは抵当に入れられ、結局ブルゴーニュ公爵家の手に入る。

ブルゴーニュ公シャルルの戦死で、娘との婚姻関係からルクセンブルクを含むネーデルラントはハプスブルク家領に。

オランダ独立後も、ベルギーと共にスペイン・ハプスブルク家支配下に留まる。

で、スペイン継承戦争で、スペイン本国がブルボン朝となる代償として、ヨーロッパの他の領土と共にオーストリア・ハプスブルク家に割譲。

フランス革命時代に併合されるが、ウィーン会議で大オランダ王国の一部に(ただしオランダ君主との同君連合国家として、ルクセンブルク単独でドイツ連邦に加盟)。

1830年ベルギー独立革命が起こると、それに同調する気運が高まるが、結局列強の介入で、ルクセンブルクの西側三分の二のフランス語圏が独立ベルギーの一部となり、東側三分の一はルクセンブルクとなり、オランダとの同君連合国家を維持。

ドイツ関税同盟に加入、製鉄業の発達で経済は大きく飛躍を遂げる。

1867年国際会議で永世中立国化。

1890年オランダで女王が即位すると、女系継承の規則が無いルクセンブルクは同君連合を解消、分家のナッサウ・ヴァイルブルク家が大公として即位、これが現在まで続いている。

二度の世界大戦では、ドイツに占領された。

戦後は中立政策を放棄、NATOに加盟、ECSC・EEC・EC・EUなどヨーロッパ統合にも積極的に参加している。

以上の経緯だけ、ざっと確認すればよい。

細かい固有名詞や史実にはこだわらず、軽く流しましょう。

広告

2017年8月27日

O・ヘンリー 『1ドルの価値 賢者の贈り物  他21編』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 00:58

岩波文庫の作品集を読んだのが学生時代で、かなり記憶も薄れていると思ったので、これを読んだ。

しかし、読んでいてすぐ筋を思い出す作品もあるし、オチが予想できるものもある。

ではあるが、やはり「千ドル」や「甦った改心」はしみじみと来るし、「赤い族長の身代金」は楽しい。

文学的価値云々を言うのは野暮でしょう。

しかし、私にとっては、こうした作品が心から楽しめるものであることに間違いないです。

2017年8月22日

鷹木恵子 編著 『チュニジアを知るための60章』 (明石書店)

Filed under: イスラム・中東 — 万年初心者 @ 03:42

このシリーズで引き続きアフリカ史を強化するつもりで手に取ったが、考えたらこの国はカテゴリとしてはイスラム・中東か。

 

北アフリカで、東はリビア、西はアルジェリアに挟まれた国。

地図で見ると、本当に「挟まれた」感が強いです。

首都はチュニス、古代都市カルタゴの遺跡があることでも有名。

他の主要都市はカイラワーンなど。

もちろんスンナ派イスラム教徒が98%と圧倒的多数。

民族的にもアラブ人が98%。

ベルベル人は1%のみ。

私は勘違いしていたが、他のマグリブ諸国(アルジェリア、モロッコなど)でもベルベル人は2~4割ほどらしい。

 

イスラム化以後の歴史としては、まず800年アグラブ朝がアッバース朝から自立。

909年にアグラブ朝を滅ぼし、有名なシーア派政権ファーティマ朝が建国。

ファーティマ朝がエジプトを征服した後、スンナ派のズィール朝がカイラワーンに成立、ファーティマ朝と戦い、11世紀から分裂割拠の情勢となる。

1149年西からムワッヒド朝が侵入・占領。

1228年その総督が自立、ハフス朝成立。

1270年ルイ9世率いる十字軍が侵攻。

ハフス朝はイスラム世界最大の歴史家イブン・ハルドゥーンを生んだことでも有名。

1574年ハフス朝滅亡、チュニジアはオスマン帝国支配下に入る。

その軍長官が自立して1705年フサイン朝が成立。

これが形式的には独立後の1957年まで続くことになる。

1830年フランスがアルジェリアを占領すると、それに脅威を感じたフサイン朝はオスマン朝との関係を強化するようになる。

タンジマートに倣って、1861年には憲法(ドゥストゥール)も制定。

しかし、1881年フランスが外交・財政権を握り、83年正式に保護領化(教科書的には81年が保護国化の年とされているようだ)。

20世紀に入り、独立運動が活発化、1920年チュニジア立憲自由(ドゥストゥール)党結成。

党内対立を経て、ハビーブ・ブルギバがネオ・ドゥストゥール(新立憲)党を主導。

このブルギバという人名だけは要記憶。

結局、1956年独立達成、初代首相ブルギバ。

翌57年フサイン朝を廃し、共和制移行、ブルギバが初代大統領に就任、この政権が30年続く。

ブルギバ政権は世俗的近代化政策を進め、アラブ世界で唯一の、一夫多妻制禁止の家族法などを制定。

対外的には、一時フランスとの緊張もあったが、資源の乏しさもあり西側諸国との全面対立は避け、東西等距離・全方位外交を展開。

国家主導の統制経済が行き詰まると、逆に経済開放・自由化政策へと揺れ動き、国民の不満が高まる中、70年代末から80年代にかけてイスラム過激派が伸張。

1987年クーデタが勃発、ブルギバは失脚し、ベン・アリ政権樹立、イスラム主義者含む反体制派を強権体制で鎮圧。

だが、政治的抑圧の現実は紛れも無くあるものの、とりあえずは社会の安定と経済の成長をベン・アリ政権はもたらした、と本書では評されている。

 

私が読んだ本書の初版が出たのは2010年と、いわゆる「アラブの春」の直前である。

このベン・アリ政権の打倒こそが「アラブの春」の契機になった。

アラブ諸国の、その後の経緯を見ると、やはり手放しで礼賛するような動きでは無かったのではないか?という思いを禁じ得ない。

無秩序と宗派・党派対立が内戦の危機すらもたらし、それを収拾するために以前の政権よりも強権的な体制が生まれる、という世界史上全ての急進的改革がはまり込む隘路に陥っている。

チュニジアはまだ踏み止まっている方らしいが、リビアなんてあの異常なカダフィ体制の崩壊すら惜しむ人々が出るほどの状況のようだ。

そして何よりシリアの惨状。

ああいう結果になることが分かっていたとして、それでも反体制の蜂起を選択する国民が果たしていただろうか。

もちろんバッシャール・アサド政権の抑圧性は、内戦の前でも後でも歴然としている。

だが、確たる成功の見通しも無しに、それへの反抗を外部の人間が称揚し支援するのは、やはり無責任であると思う。

もちろんカダフィ政権含め、既存の体制がそのまま何の変化も無く続いていれば良かったんだと言うつもりはさすがにありません。

しかし、激情的な民意に基づく急激な変化をとにかく礼賛するような態度は、歴史について何も学んでいないに等しいです。

数年前、湾岸産油国についてのメモという記事で書いたような懸念が当たってしまっている。

 

ネット上のSNSが民意を可視化し、より善き民主主義をもたらす、というような能天気な楽観論(と情報技術産業の利益擁護という隠された意図)を見ると、心底うんざりして、もう人類も長くないなと思います。

民意なり、民主主義なり、自由なりを根本から疑わない限り、近現代の世界史から何一つ学んでいないことになりますよ、と無駄を承知で言わずにおれません。

 

 

このシリーズの使用法は全て同じ。

1.アフリカ、(メキシコ以外の)中米、(キューバ以外の)カリブ海諸国など、通史がまず出ないような国の巻を選ぶ。

2.歴史と現代政治の部分だけを集中して読む。

3.民俗、生活、経済、言語、文化、宗教などの章は興味のあるものだけ読み、後は軽く流すか、全く飛ばしても可。

通読する必要は無し。

それより数をこなすことが大事。

2017年8月20日

モーパッサン 『脂肪のかたまり』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 04:21

モーパッサンの処女作。

ゾラを中心とする自然主義作家たちが、1880年に刊行した小説集に載せられたもの。

師のフロベールに激賞されたという(フロベールは同年死去)。

普仏戦争中、プロイセン軍占領下で、「脂肪のかたまり」と綽名される娼婦と馬車に居合わせた人々を題材に、人間の卑小極まりないエゴイズムを痛烈に描いた短編小説。

楽に読めて、面白い。

と言っても、後味はかなり悪いが。

モーパッサンは短編小説の名手と言われているが、とりあえずデビュー作のこれを読むだけにしておきます。

2017年8月12日

トロツキー 『わが生涯  上・下』 (岩波文庫)

Filed under: ロシア — 万年初心者 @ 04:38

何でこんなもの読もうと思ったんだろ?

1930年刊。

レーニン死後、スターリンとの権力闘争に敗れ、ソ連国外に追放されていた時期に執筆されたもの。

本名レフ・ダヴィドヴィチ・ブロンシュテイン。

ユダヤ人で比較的富裕な中農出身。

マルクス主義革命家として、ボリシェヴィキとメンシェヴィキとの間で独自の立場を取っていたが、十一月革命ではレーニンに従いこれを主導、ブレスト・リトフスク条約を交渉・締結、陸海軍人民委員として赤軍を建設、内戦に勝利。

しかし、1928年スターリンによって国内流刑となり、29年には国外追放。

スターリンの政敵ナンバー1だが、権力闘争初期に国外追放されたおかげで、30年代における狂気の大粛清に巻き込まれず、しばらく生き延びることができた。

だが、1940年には亡命先のメキシコで刺客により暗殺される。

 

トロツキーは本書で自身が革命家となった経緯を記すが、そこで描かれる帝政ロシアの矛盾と抑圧を見て、私自身何も感じないわけではない。

蔓延する汚職と腐敗、農民の厳しい生活、少数民族への差別など。

例えば、印象的な以下の記述。

リュビーモフという歴史の教師が、ポーランド人の生徒に対し、白ロシアとリトアニアでのポーランド人カトリックによるロシア正教徒の迫害について、やけにしつこく質問した。ミツケヴィチという、浅黒い痩せた少年は、すっかり青ざめ、歯を食いしばって立っていたが、一言も言葉を発しなかった。

「うん、どうなんだ」、リュビーモフは、明らかに快感をにじませながら答を促した――「どうして黙っているのかね?」

生徒の一人が我慢できずに言った――「ミツケヴィチはポーランド人でカトリックなんです」。

「ああ・・・・そう・・・・」、リュビーモフはわざとらしく驚いたふりをし、間のびした調子で言った――「だがここでは分けへだてしないことにしている」・・・・。

ここに象徴されるツァーリズムの抑圧性から、その全面的打倒を企てるのだが、しかしそれは旧体制が持つ悪というより、人間性一般の限界からくる悪ではないのか。

自分たち革命家もそれを無縁でいられるのかという自己懐疑が全く無い。

そんな懐疑心などは下らぬ気取りに過ぎない、と切り捨てる傲慢さが全編にみなぎっている。

マルクス主義と唯物論という「絶対的真理」の立場に立っているという感覚がそれをもたらすんでしょうね。

本書に限らず(ドストエフスキーやトルストイなどの文学書も含めて)、末期の帝政ロシアから感じるのは、「近世から一切変わらぬツァーリズムの残酷さ、強固さ」ではなく、資本主義の急激な流入がもたらす旧社会秩序の崩壊と個人の原子化である。

君主・貴族への忠誠は衰え、宗教的信仰は薄くなり、一方無制限の自由が西欧より概念として流入し、ありとあらゆる現状変革的急進的思想が社会にヒステリー的に広まる。

この事態に対しては、ツァーリズムの抑圧など(私に言わせれば残念ながら)無力である。

革命家たちの「不屈の闘志」など無くても、体制は自壊していた。

西欧から度々批判されたロシアの専制と弾圧など、実際には穴だらけである。

帝政時代、トロツキーが受けた流刑など、彼が後に作り上げたソ連における強制収容所とは比べものにならない穏和さだ。

正気とは思えぬ残酷さを持つソ連時代の収容所からは、トロツキーが実行したような脱獄など、全く不可能だ。

また亡命時代にレーニンとロンドンで出会った際のエピソードにも感じることがある。

ある日曜日のこと、私とレーニンとクルプスカヤ[レーニンの妻]はロンドンの教会に出かけた。そこでは社会民主主義者の集会が賛美歌の合唱のあいだにはさまれて行われていた。弁士はオーストリア帰りの植字工だった。彼が社会革命についてひとしきり話し終わると、一同は立ち上がって歌いだした。

「全能なる神よ、王者も貧者もなくしたまえ。」

私は自分の目と耳を疑った。レーニンは、教会から出てきたとき、この点について次のように説明した。

「イギリス・プロレタリアートの中には革命と社会主義の要素が数多く散在しているが、それらはすべて保守主義や宗教やさまざまな偏見と結びついている。そこを突破して一般的な認識に到達することがなかなかできないんだ。」

しかし、レーニンが軽蔑と優越感を持って語った、「偏見」だらけのイギリス労働者たちが真に実質的な社会改良を成し遂げたのに対し、レーニンとトロツキーはロシアにこの世の地獄、それもツァーリの下では決してあり得なかった地獄をもたらしたと言うしかない。

加えて、暴力革命と一切の妥協を排した急進的変革という自分たちのヴィジョンに同意しなかった社会主義者への憎悪もあからさまで、実に嫌な感じがします。

カウツキー、ヒルファーディング、ベルンシュタイン、ハーゼ(ドイツ独立社会民主党)、マクドナルド、カール・レンナーおよびヴィクトル・アドラー(レンナー、アドラーはともにオーストリア社会民主党)という面々を毒々しく切り捨てている。

ベーベル、ジャン・ジョレス、ユージン・デブス(デブスはアメリカ社会党)など、少々好意的に書かれている人々もいるし、急進派のローザ・ルクセンブルク、カール・リープクネヒトなどは称賛されているが、彼らも状況次第では、激しい批判と、それどころか肉体的抹殺の対象にすらされたのではないかと思われてならない。

結局、私がトロツキーに対して持っている印象は、概ね以下のパイプス『ロシア革命史』でのトロツキー評がすべてである。

歴史には、敗者が、彼を滅亡させた人々よりも道義的に優れていたとみられて、後世の共感を得るという例がたくさんある。トロツキーに対しては、そのような共感を呼び起こすのは難しい。確かに、彼は、スターリンとその侍従たちより教養があり、知的により興味深く、人格的により勇敢で、共産主義者の同僚との応対においても、立派であった。しかし、レーニンと同様に、彼のもつそのような美徳は、もっぱら党内で示された。外部のもの、およびより大きな民主主義を求める党内の人々に関しては、彼はレーニンおよびスターリンと考えは同じであった。つまり、彼らに対しては、正規の倫理的基準は通用しないと、信じていたのである。他のボリシェヴィキと同じく、彼は、政治の世界に、組織犯罪者の仲間に通用する集団的忠誠という規範をもち込み、ボリシェヴィズムとそれを真似た全体主義体制を特徴づける政治の犯罪化に貢献したのである。従って、彼は、自らを破滅させる武器の鍛造に手を貸したことになる。というのも、彼は、異論を唱える少数派のなかに自らがいるのに気付くと、直ちに、外部のもの、従って、公正な扱いを求める資格のない敵となったからである。彼は、レーニンの独裁へ反対した人々に与えられた運命――彼は心の底からそれに同意したのであるが――、それと同じ道をたどることになった。カデット、社会革命党員、メンシェヴィキ、赤軍のために戦うことを拒否した旧ツァーリ体制下の将校たち、労働者反対派、クロンシュタットの水兵、タムボフの農民、聖職者たちの運命をである。全体主義が彼を直接脅かしたときに、漸く彼はその危険に気付いたにすぎない。彼が党内民主主義へ突如として改心したのは、自己防衛の一つの手段であり、原則を擁護してのことではなかった。

トロツキーは、ジャッカルの一群に引き倒された誇り高いライオンとして自らを描くのを好んだ。そして、スターリンが怪物のごとき本性をみせればみせるほど、ロシアの内外で、理想化されたレーニン主義を救い出したいと思っている人々にとって、そのトロツキーのイメージは、説得力があるものと思われた。しかし、記録によれば、彼の活動の全盛期には、彼もまた、ジャッカルの群れの一員だったのである。彼の敗北に、それを崇高たらしめるものは何もない。彼は、政治権力を求める汚い闘いにおいて、知謀に負けた故に敗北したのである。

トロツキーが、スターリンとエピゴーネン(亜流)によって打倒されたのも自業自得と思える。

だが、この文章には自由民主主義そのものに対する懐疑が無い(そんなものをアメリカ人に求めるのがそもそも間違いだろうが)。

トロツキーは本書で以下のように言う。

のちにヴィッテは回想録の中で、1905年には「ロシア人の大多数の人々が正気を失ったかのようだった」と書いている。だが、革命が保守主義者にとって集団的精神錯乱に見えるのは、ただ革命が社会的諸矛盾の「通常」の狂気を最高度に緊迫させるからにすぎない。それはいわば、大胆な風刺画に描かれた自分の姿を人が認めたがらないのと同じである。だが、現代の発展過程は全体として、諸矛盾を凝縮させ、緊張させ、先鋭化させ、その諸矛盾を耐えがたい状態に持っていって、ついには、大多数の人々が「正気を失う」ような状態を準備する。しかしこの場合、この「狂気の」多数派が「利口な」少数派に拘束服を着せるのである。そして、こうすることで歴史は前進していくのだ。

この文章は括弧を全て取り去り、末尾の「前進」を「破滅」にでも変えた方が良い。

1789年以後の歴史がそれを証明している。

結局、トロツキーも「人民の多数派による変革」を絶対的に信じている。

米国・西欧の民主主義への敵意も、それら「ブルジョワ民主主義」が真の民意ではなく、支配階級の意思を反映していると考えたがゆえに過ぎない。

個人的には実際それに根拠が無いわけではないと思う。ただし私はそもそも「民意」の正しさを根本的に疑っている。

そして、人間を物質的利害に基づく行動主体としてのみ捉えることにおいて、共産主義も自由民主主義も違いは無い。

前者をトータルに否定するためには、後者も否定しなければならない。

 

 

もちろん無理して読む必要があるような本ではない。

気が向いたら、図書館で借りて飛ばし読みしてもよい。

共産主義者の手に成る、無味乾燥で不毛・退屈な文章の集積の中では、まだしも読むに耐える部分はあると思われますので。

2017年8月8日

サマセット・モーム 『読書案内  世界文学』 (岩波文庫)

Filed under: 読書論, 文学 — 万年初心者 @ 03:58

モームが1940年に出した短いエッセイの翻訳。

最初岩波新書で出て、その後文庫入り。

イギリス文学、ヨーロッパ文学、アメリカ文学の三部構成。

 

まず「はしがき」で、楽しく読める作品を選んだ、文学史上、研究者や批評家にとっていかに重要でも、今日ではもう読む必要の無い書物はたくさんある、ただし「楽しく読める」と言っても、注意力や想像力を働かせることはもちろん必要だ、と述べている。

 

 

第一部イギリス文学。

読書は楽しくあらねばならないという主張。

ところで、だれにせよ、楽しみは不道徳なものだと考えてはならない。楽しみそれ自体は、大きな善である。すべての楽しみがそうなのである。ただ、それからおこる結果を考え、思慮深いひとはある種の楽しみを避けようとする。また、楽しみはすべて下品で官能的であるとはかぎらない。知的な楽しみほど、長持ちがし、また満足がえられる楽しみはほかにないことを悟った者は、英知にとんだひとだといえよう。読書の習慣を身につけるがよい。人生の盛りをすぎてから、それをこころみて、しかも満足のえられるスポーツといっては、読書をおいてそうたくさんはない。トランプの独り占い、詰将棋、クロスワード・パズルをのぞいて、読書のように、相手がなくても楽しめる遊びはほかに何もない。読書には、ほかのスポーツや遊びに見られる不都合は、少しもない。いつでも気の向いたときにはじめ、好きなだけつづけ、他の用事がおこったら、直ちにやめることのできる仕事は、ただ読書だけである。あるいは針仕事がそうであるかもしれない。だが、この針仕事という奴は、手先ばかりはたらいて、落着きのない精神のほうはさらに束縛をうけない。公共図書館が利用でき、廉価版が手にはいる、今日のようなめぐまれた時代に、読書くらい、わずかな元手で楽しめる娯楽はほかにない。読書の習慣を身につけることは、人生のほとんどすべての不幸からあなたを守る、避難所ができることである。いまわたくしは、「ほとんどすべての」といったが、それは、書物をよめば、飢えの苦しみがいやされるとか、失恋の悲しみを忘れるとか、そこまでは主張しようと思わないからである。もっともよみごたえのある探偵小説五、六冊と、それに湯たんぽの用意がありさえすれば、どんな悪性の鼻かぜにかかっても、わたくしたちは、鼻かぜくらいなんだといって、平然としていることができるだろう。だが、もし退屈な書物までもよめというのであると、読書のための読書の習慣など、はたしてだれが身につけようとするであろうか。

 

以下、取り上げられている作品。

デフォー『モル・フランダーズ』

スウィフト『ガリヴァー旅行記』

フィールディング『トム・ジョーンズ』

スターン『トリストラム・シャンディー』

ボズウェル『サミュエル・ジョンソン伝』

ジョンソン『詩人伝』

ギボン『自叙伝』

ディケンズ『デイヴィッド・コパーフィールド』

バトラー『万人の道』

オースティン『マンスフィールド・パーク』

ハズリット『卓上閑話』

サッカレー『虚栄の市』

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

あと、詩人選に加え、もちろんシェイクスピアの偉大な悲劇を読まねばならない、として終えている。

自国文学だけあって、ここでは、一般の日本人にはあまり馴染みの無い作品がいくつか挙げられている。

 

 

 

第二部ヨーロッパ文学。

セルバンテス『ドン・キホーテ』

(なお、この作品中の挿話を、「ミルトンの『失楽園』をよんだジョンソン博士と同様、楽しんでというよりは、むしろ義務の気持からよんだ」と書かれている。同国人の著名文士にしてそうなのだから、やはり『失楽園』は、特に文学好きでもない普通の日本人読者が無理して読むようなものではない、と改めて思った。)

モンテーニュ『エセー』(特に第三巻)

ゲーテ『ヴィルヘルム・マイステルの徒弟(修行)時代』

ツルゲーネフ『父と子』

トルストイ『戦争と平和』

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

ラ・ファイエット夫人『クレーヴの奥方』

プレヴォー『マノン・レスコー』

ヴォルテール『カンディード』

ルソー『懺悔録(告白)』

バルザック『ゴリオ爺さん』

スタンダール『赤と黒』『パルムの僧院』

フローベール『ボヴァリー夫人』

コンスタン『アドルフ』

デュマ『三銃士』

アナトール・フランス『螺鈿の手箱』(短篇集)

プルースト『失われた時を求めて』

 

 

 

第三部アメリカ文学。

フランクリン『自叙伝』

ホーソーン『緋文字』

ソーロー『ウォールデン』

エマソン『エセイ集』

エドガー・アラン・ポー『黄金虫』などの短篇小説集

ヘンリー・ジェイムズ『アメリカ人』

メルヴィル『モービー・ディック(白鯨)』

マーク・トウェイン『ハックルベリ・フィン』

パークマン『オレゴン街道』

ディキンソンの詩

ホイットマン『草の葉』

パークマンやディキンソンなんて名前は聞いたこともない。

それ以外は定番の著者が並んでます。

 

 

 

なお本書の付録で触れられているように、モームは『世界の十大小説』という本も書いていて、これも岩波文庫に収録されているが、その10作品は以下の通りである。

バルザック『ゴリオ爺さん』

フィールディング『トム・ジョーンズ』

ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』

トルストイ『戦争と平和』

メルヴィル『白鯨』

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

スタンダール『赤と黒』

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

フローベール『ボヴァリー夫人』

オースティン『高慢と偏見』

私は、一応8冊は読んでますね。

 

 

 

文学専門家や研究者でもない、普通の日本人読者からすると、ちょっと知名度が無さ過ぎる本が紹介されているところもあるが、たまに手に取って読書意欲をかき立てるのには役立つ本。

ここに載せられている作品を最優先に読む、というのでもいいでしょう。

2017年8月4日

アーネスト・メイ 『歴史の教訓  アメリカ外交はどう作られたか』 (岩波現代文庫)

Filed under: アメリカ, 国際関係・外交 — 万年初心者 @ 05:39

以前、いつかは読まなきゃと書いた本をこの度通読。

外交政策形成に当たって、政策決定者が、直近の、世論に受け入れやすい歴史の出来事にのみ囚われ、そこから現実に適合しない「教訓」を汲み取り、結果として歴史を「誤用」して、不適切な政策を選択してしまうことを、現代アメリカ外交の中から、第二次世界大戦末期、冷戦初期、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争介入という四つの事例から検討する。

続けて、和平達成の為の爆撃という軍事行動について、通常、戦略爆撃は敵国の抗戦意欲を高め、戦争終結に直結するものではない、それが効果を上げるのは、敵国の指導層に分裂が見られ、内部事情による政権交代が生じている場合のみだ、として第二次大戦末期の日本とイタリア、朝鮮戦争の休戦交渉中の共産国の例を挙げている。

残りの部分では、政府・議会・官僚・軍部・世論・専門家などの力関係から生み出されるアメリカ外交の、本書刊行時1973年以降の予測と、歴史家が政策決定者に幅広い視野から適切なアドバイスを与えられるようにする為の仕組みと情報公開について述べている。

難解な部分は特に無い。

著者の意見すべてが説得的とも思えないが、少なくとも、前半から中盤にかけては面白く、中々読ませる。

必読、とまでは言わないが、読む価値はあります。

ただし、ごく基礎的な知識は事前に頭に入れておく必要はあるでしょう。

2017年8月2日

ジョージ・オーウェル 『動物農場』 (岩波文庫)

Filed under: 思想・哲学, 文学 — 万年初心者 @ 06:17

角川文庫版を読んで以来、20年振りの再読。

この翻訳は2009年初版だが、これが岩波文庫に収録されるんだから、やはり時代は変わりました。

鮮やかな読後感は全く変わらず。

真の傑作だ。

未読の方には強く薦める。

WordPress.com Blog.