万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年7月6日

カフカ 『審判』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 01:21

有能な銀行員ヨーゼフ・Kが、ある日全く理由もわからずに逮捕され、不可解で不明瞭な訴訟手順に巻き込まれるという話。

ナチスのような全体主義国家の到来を予言したかのような作品として有名。

だが、読んだ限りでは、本書の描写は全体主義国家と言うには、(最後を除いて)やや曖昧である。

少なくとも表面上は平凡な社会生活が続いており、主人公も投獄されるでもなく仕事を続ける。

だが突如強いられた訴訟手続きは、被告にはルールが全く不明であり、少しでも自身の有利を図ろうと、あれこれ非公式的な伝手に頼ろうとするが、弁護士を含めそれらの人間すべてが、主人公を告発した裁判所の手先にすら思えてくる。

この訴訟の主体である、悪の主体は匿名の闇に紛れて、全く正体を掴まれないまま、物語は終わる。

これはわかりやすい全体主義社会ではなく、現在の先進国のような「自由社会」での「世論の専制」を描いた作品なのではないか、と感じた。

 

 

そんなに長くはないし、初心者でも読めないことはない。

だが、さして面白いわけでもないし、何かをすっきりとした形で感得させてくれる本でもない。

まあ私の鈍い感性ではそれが限界です。

カフカも、もうこれでいいでしょう。

一番有名な『変身』が短編なんで、長編作品からこれを選んだが、残りの『城』『アメリカ』などを読む余裕は無い。

私独自の仮想「世界文学全集」で、カフカの巻の収録作品はこれでおしまいです。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.