万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年6月7日

トマス・ホッブズ 『リヴァイアサン 1・2』 (中公クラシックス)

Filed under: 思想・哲学 — 万年初心者 @ 04:22

ロックとルソーの主著が適切な長さなのに対し、このホッブズの代表作はかなり長い。

岩波文庫の全訳で全4巻。

初心者が取り組むには、やや長すぎる。

この版は中公クラシックスの多くがそうであるように、元々「世界の名著」シリーズの翻訳を収録したもの。

抄訳ではあるんですが、正直これでも長い。

全体の構成としては、第一部が人間論、第二部が国家論、第三部と第四部が教会の国政介入への批判、ということになっている。

よって考えた結果、第二部だけ読むことにしました。

内容的にはさして興味深いものではない。

これも既知の論旨を原典に当たって確認するだけのことです。

人間の性悪性を真正面から見据えたことには共感できるが、その解決策としてホッブズが提示した、伝統・慣習・教権に一切拘束されない、様々な中間団体の抑制を廃した絶対的主権者という構想は、それ自体が破滅的だと言うしかない。

教科書的には、ホッブズの思想は結局絶対王政の擁護に終わったとされることが多いが、その面だけをもってロックとルソーとの決定的断絶を見るのは皮相的に思える。

政治権力を自由で合理的な個人の契約によって成立したものだとした時点で、ホッブズの絶対的主権者は、世襲君主よりも狂信的民意がもたらす無秩序から生まれた独裁的な「人民の指導者」に親和的なものになっている。

実際、この『リヴァイアサン』は1651年の刊行当初より、王党派からの強い批難を蒙っており、ホッブズは同年亡命先からクロムウェル政権下のイギリスに帰国している。

引用文(クイントン1)の記事で触れた通り、本書の思想が、伝統的保守主義からは大きく離れた、相容れないものであることが理解できていればよい。

これもネームヴァリューだけは凄いから、「とりあえず読みました」という事実だけは作ったほうがいいんでしょう。

でも、感心したり、心底面白いと思うことは、まあ無かったです。

広告

WordPress.com Blog.