万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年4月10日

ロマン・ロラン 『ピエールとリュース』 (みすず書房)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 03:13

『ジャン・クリストフ』を読む気がどうしてもしない。

一度決心はしたんですが、やはり岩波文庫の分厚い分冊を見ると、手に取る気が失せました。

『戦争と平和』だって読んだんだろ、サボるんじゃないよ」という声が心の中から聞こえてきますが、いややっぱり19世紀の大長編小説と20世紀のそれとは違うんですよ。

文学全集でも『ジャン・クリストフ』や『魅せられたる魂』が、『戦争と平和』と同じ巻数を費やして収録されているのを見ると、「何かアンバランスだなあ」という気持ちを禁じ得ない。

しかしロランの作品が『愛と死との戯れ』だけなのも格好付かないと思ったので、短編のこれを選びました。

第一次世界大戦末期のパリを舞台に、偶然出会った若い男女の悲恋を描く。

ほんの小品だが、いかなる特権階級も存在しないはずの民主的共和国において、世論が絶対的な専制者となり、無力な個人が戦争の地獄に放り込まれていくメカニズムが読み取れる。

 

著名文学者の穴埋めのつもりで読んだが、悪くは無かったです。

私の感性では、それ以上の感想は持てません。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.