万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年4月2日

ブレヒト 『三文オペラ』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 00:58

ロンドンを舞台にした、職業的物乞い団の「社長」の娘と窃盗団の首領の恋を主題にした演劇。

ワイマール共和国時代の1928年に初演され、大成功を収めたそうだが、表面的に読めば、訳のわからないドタバタ劇にしか見えない。

ブルジョワ社会の俗悪さへの批判などということが読み取れなくはないが。

これをブレヒトの代表作として高校教科書に載せるのは不適切に思える。

『肝っ玉おっ母とその子どもたち』の方が、はるかに心に染み入るものがあった。

 

まあ、つまらないです。

高校生の頃から名前を知っている名作が、私にとっては面白くなく、理解もできないと、わかったことが収穫です。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.