万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年3月10日

井上文則 『軍人皇帝のローマ  変貌する元老院と帝国の衰亡』 (講談社選書メチエ)

Filed under: ローマ — 万年初心者 @ 10:55

クラウディウス・ゴティクス(在位268~270年)からヴァレンティニアヌス2世(375~392年)までのローマ皇帝は、バルカン半島出身がほとんどで元老院階層でもない下層出身。

イリュリア人(パンノニアとモエシア出身者)皇帝の時代と言える。

本書では、中国史とヨーロッパ史に見られる並行関係から筆を起こす。

ローマと漢という東西における古代帝国の繁栄と蛮族侵入によるその衰亡。

独創的な東洋史家で、このブログでも多数の著作を紹介している宮崎市定の説。

五胡をゲルマン人に、東晋を東ローマに、隋唐をフランク王国に喩える。

ただし、中国では文人貴族が支配層として継続し、文明の断絶が起こらなかった点が違う。

文人貴族の強靭性が東西の歴史を分けることになった。

ローマ帝国は「自治をおこなう諸都市の連合と、この連合の上にはめこまれたほとんど絶対的な君主政(略)との奇妙な混合物だった」(ロストフチェフ)。

元老院、騎士、都市参事会という三つの階層の都市富裕層が名誉の感覚を持って、様々な自発的施与行為を行って自治を成り立たせていた。

セヴェルス朝下で軍の専横化が生じ、その後も内戦が続く。

元老院議員の軍事的無能力化、軍人キャリアと文民キャリアの分離・専門化が進行。

首都とイタリアにはさしたる兵力が無く、中央軍は弱体、国境沿いの属州に大軍が集中しており、軍の支持を受ければ帝位簒奪が極めて容易。

外敵の侵入よりも、この二つの現象が軍人皇帝時代に深刻化。

そこで行われたのが、ヴァレリアヌス帝の改革。

一般にはササン朝のシャープール1世に敗れて捕虜となったことだけが知られているが、この皇帝の治世が極めて重要な画期を成したと本書では記されている。

帝国統治分担のための複数帝制度を導入、拘束の多いローマを恒常的に離れ、実務的人材登用を軍で実行、中央機動軍を創設し直衛軍を強化。

これらの改革は20世紀前半までの歴史研究では子のガリエヌス帝の業績と考えられていたが、最近の研究では父子の評価が逆転しつつあるという。

クラウディウス・ゴティクス以降、イリュリア人自身が帝位に就く。

帝国東部でパルミラ帝国、西部でガリア帝国が事実上独立。

帝国に残された中央部で強健な兵を供給できたイリュリクムの重要性が高まり、アウレリアヌス帝の帝国再統一でそれがさらに強まる。

ディオクレティアヌス帝がそれを完成させた。

イリュリア人は、厳しい風土ではあるが、それゆえ大規模農場が発達せず自作農が保存されたイリュリクムで生まれ、強壮な兵士を生む。

ローマの軍需に依存して生活、国境ゆえに外敵への対抗意識と愛国心、郷党意識が強く、軍内の国家宗教に深く帰依し、外来宗教ではミトラ教によって軍の団結を強めた。

宮崎市定の言葉を借りれば、典型的「素朴民族」。

一方、この時代の元老院議員について、その文人生活は個人名声の追求に留まり、社会全体から支配者の条件として承認されていたわけではない。

軍事職からの排除にも抵抗せず、その影響力を低下させる。

皇帝不在の都では文民職はむしろ拡大し、比較的平穏なイタリア・アフリカの所領を持ち、経済的には栄えたが、実際にはこの時代が没落の第一歩となる。

ディオクレティアヌスはその前のイリュリア人皇帝の政策を基本的に引き継ぐ。

それに対し、コンスタンティヌスの治世は断絶があるとの判断が記されている。

再度の内戦でコンスタンティヌスは帝国北西部からのし上がり再統一を達成したので、ゲルマン人が軍の中心となり、イリュリア人の地位が低下。

元老院議員の属州総督・近衛長官への任命を増やし、定員も拡充。

キリスト教普及対策というより新たな勢力基盤を広げるため。

コンスタンティノープル元老院創設も同じ意図から。

イリュリア人はゲルマン人と融合して軍人貴族層を形成。

彼らが文人化することはなかったが、それが中国との大きな違いとなる。

首都ローマ市と国境地帯に駐屯する中央機動軍との距離、通婚関係にもならず、相互蔑視の関係が続き、軍人貴族は元老院貴族化せず。

そして圧倒的多数の非支配層も元老院貴族を拒否するようになっていた。

名誉感覚を失い、公的贈与も行わず、利己主義に自閉する文人への敵意が増大していた。

表面的には東西両帝国の不和が、帝国滅亡の政治史的直接原因だが、上記の軍人貴族と元老院貴族の分離も極めて重要と言える。

 

 

論旨が明解。

最新の学説を噛み砕いて分かりやすく提供してくれる良質な啓蒙書。

決して損はしない、手堅い本です。

広告

WordPress.com Blog.