万年初心者のための世界史ブックガイド

2017年3月6日

E・H・カー 『危機の二十年  理想と現実』 (岩波文庫)

Filed under: 国際関係・外交 — 万年初心者 @ 00:59

翻訳にかなりの問題があると、一部で言われていた旧版に替わって、原彬久氏訳のこの新版が2011年に出た。

学生時代以来の再読。

1919~39年の国際関係を概観し、ユートピアニズム(理想主義)とリアリズム(現実主義)の相克を捉える。

19世紀の自由主義と功利主義を単純に受け継ぎ、国際社会における利益の予定調和、世論の正しさと合理性、政治と経済の分離、国際法万能主義などを前提とするユートピアニズムを批判し、それに対し国家間の力関係を直視するリアリズムを対置。

ただし、カー自身は、国際社会における道義の存在を全否定し、国家権力の拡張を自己目的化し、いかなる国際秩序の成立も不可能にする永続的闘争状態をもたらすような似非リアリズム(というかシニシズム)をも批判し、理想と現実の緊張感のある対話と妥協の重要性を説いている。

目の冴えるような面白さ、というものは無いが、国際政治学・国際関係論黎明期の古典として、やはり一読の価値はある。

自衛のための最小限の軍備の必要性すら認めず、「社会主義国の平和的性格」を前提に非武装中立を主張した戦後左翼の平和主義が愚かなユートピアニズムの代表なら、中国・韓国など特定の国・民族に対する硬直した敵対感情の虜になって、子供じみた強硬姿勢を誇示し、反対者を集団的な誹謗中傷と罵詈雑言で沈黙させることを外交の本質だと考えるような最近の形式的ナショナリズムは最低最悪の愚劣なリアリズム(シニシズム)の表れでしかない、と強く感じる。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.