万年初心者のための世界史ブックガイド

2016年12月3日

フランソワ・ラブレー 『ラブレー第一之書 ガルガンチュワ物語』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 06:23

巨人王ガルガンチュワとパンタグリュエルの親子を描いた物語の一巻。

全編、言葉遊びと糞尿譚と性的下ネタで埋め尽くされている。

「何だ、こりゃ」と言うのが正直な感想。

今となっては、この面白さは分からない。

教会を中心とする社会的権威への風刺も、それらの権威が粉々になってしまった現代においては、何の新鮮味も無い。

この一巻だけなら楽に読めるが、とてもじゃないが全巻通読する気にはなれない。

本格的な文学好きの人か、余程の好事家でない限り、その必要も無い。

ただ「ラブレーを読んだことがある」という箔が付く。

それだけ。

広告

WordPress.com Blog.