万年初心者のための世界史ブックガイド

2016年9月2日

トゥルゲーネフ 『初恋』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 03:28

短編なので読みやすい。

内容的には特にどうと言うこともないが、やや苦い思いを残す佳作。

『猟人日記』などには今のところ手が出ないが、代表作『父と子』の他にとりあえずもう一作追加できて、少しは格好がつきましたかね。

ただそれだけです。

広告

WordPress.com Blog.