万年初心者のための世界史ブックガイド

2016年8月27日

ウィリアム・シェイクスピア 『アントニーとクレオパトラ』 (白水社uブックス)

Filed under: ローマ, 文学 — 万年初心者 @ 04:00

これも以前記事にしたものの再読だが『ジュリアス・シーザー』と違って、さして強い印象を受けない。

クレオパトラとの愛欲に溺れてオクタヴィアヌスとの闘争に敗れるアントニウスの姿が、史実通り淡々と描かれているだけという感じ。

面白くない。

こういう印象を持つのは残念であり、まず読み手である自分の資質の問題であることは間違いないが、嘘偽りの無い正直な感想を言えば以上の通りです。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.