万年初心者のための世界史ブックガイド

2016年7月30日

郭沫若 『歴史小品』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 06:56

近代中国文学では魯迅の次くらいの知名度を誇る作者の短編歴史小説集。

1936年初版。

登場人物は、老子、荘子、孔子、孟子、始皇帝、項羽、司馬遷、賈誼(前漢文帝時代の文人政治家)の8人。

どれもごく短く読みやすい。

しかし内容は・・・・・。

結論を言うと、つまらないです。

思想家たちの編は性急な偶像破壊的記述がやや浅薄な印象を与えるし、それ以外の人物についても、言動が現代風にアレンジされ過ぎている感がして相当の違和感あり。

著者の本領は別の著作に表われているのかもしれないが、今のところ強いて読む気がしない。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.