万年初心者のための世界史ブックガイド

2016年6月28日

アベ・プレヴォ 『マノン・レスコー』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 06:44

1731年刊。

名門出の青年シュヴァリエ・デ・グリューが、天性の娼婦とも言うべき魔性の女マノン・レスコーと出会い、悪徳と放埓への道に転落していく物語。

単純にストーリーの起伏と転回だけで面白さを感じさせるという作品だが、含意や寓意に乏しくとも、その方が初心者にとってはわかりやすい。

分量も多くないし、楽にこなせて、しかも実に面白い。

教科書的知名度では劣るが、読んで決して損は無い古典です。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.