万年初心者のための世界史ブックガイド

2015年9月14日

八木谷涼子 『なんでもわかるキリスト教大事典』 (朝日文庫)

Filed under: ヨーロッパ — 万年初心者 @ 08:56

キリスト教内の各教派を解説した本。

翻訳者・作家向けアドバイスというのが各項にある。

以下、内容抜き書き。

単性論=イエスの神性のみを強調。エジプトのコプト正教会、アルメニア・エチオピア・シリアの正教会の教義。人性強調のアリウス派の反対。

教会政治の形態=中央集権化されている順に、監督制・長老制・会衆制(組合制)。カトリック教会の位階制は監督制よりもさらに上か。

東方正教会=コンスタンティノープル総主教は名誉上のトップで、ローマ教皇のような存在ではない、実態は国家の管轄地域ごとの自治制で、ロシア・セルビア・ルーマニア・ブルガリア等の正教会が存在。なお「東方教会」と言う場合、上記単性論派教会を含むことがある。

西欧最大の教会はもちろんローマ・カトリック、他にルター派(ルーテル教会)、聖公会(アングリカン教会、英国教会)、改革派・長老派(カルヴァン派)など。

会衆派・組合派という教派は独立派とも呼ばれるが、これはピューリタン革命における政治党派であると同時に教派か?

メイフラワー号で北米に渡ったのも、この会衆派。

以下、近世宗教改革が一段落した後に生まれた教派の中でよく名を聞くものを紹介。

バプテスト=17世紀に生まれた大衆的プロテスタント。幼児洗礼を否定。属する有名人はキング牧師、カーター、クリントンなど。

メソジスト=18世紀ウェスリー(ウェスレー)によってイギリス国教会より分離。自由意志による救済を強調。蒋介石、サッチャー、ブッシュなど。

メノナイト系=再洗礼派からの分離(? メモが曖昧で自信が無い)。その一派が独自の生活習慣を守り通していることで有名なアーミッシュ。

クェーカー=17世紀に生まれたプロテスタントの一派だが、予定説とは逆に万人の救済を主張、非戦・社会改革にも熱心な教派。リカード、フーヴァー、ニクソン、新渡戸稲造など。

ユニテリアン(ユニヴァーサリスト)=三位一体やイエスの神性、奇跡や聖書の無謬性を認めない、アリウス派的な自由主義神学。ここまでくるとこの教派をキリスト教外のものとする説も強い。だが代表人はすごい面々が揃う。ニュートン、フランクリン、スティーヴンソン、エマーソン、ホーソーン、メルヴィル、ダーウィン、ナイティンゲール、政治家ではジェファソン、アダムス父子、タフト、ネヴィル・チェンバレンとくる。

福音派=元々この言葉はルター派を意味したが、現在では主に米国のキリスト教右派・原理主義者を指す。その意味で教派を縦断した概念であり、非宗教的進歩派リベラルと共にカトリック教徒をも敵視しているのが特徴。

モルモン教=米国でジョセフ・スミスとブリガム・ヤングが創始。『モルモン書』という文書を「発見」したことで生まれた新興教派。ユタ州ソルトレイクシティが中心。かつて一夫多妻を実践していたことも含め、異端視されることが多い。元大統領候補ロムニーら。

 

 

世界史を学んだり、国際ニュースを知る上での、一般常識を提供してくれるのが良い。

飛ばし読みでも可。

一度目を通すことを薦める。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.