万年初心者のための世界史ブックガイド

2015年2月23日

西部邁 『文明の敵・民主主義  危機の政治哲学』 (時事通信社)

Filed under: 史論・評論 — 万年初心者 @ 06:49

単独で記事にしたことは今まで無かったが、すでに他の記事の中で本書の記述からは頻繁に引用しています。

『ローマ人の物語』最終巻ではローマ帝政の民主的性格とその評価について、木崎喜代治『幻想としての自由と民主主義』では「知性に適用された平等理論」と多数決制の欺瞞について、ユーゴー『レ・ミゼラブル』では「共和政」の真の意味について、引用文10では保守主義者にとってのケインズとハイエクへの評価について。

著者の思想全般が平明に述べられているだけでなく、表現はますます研ぎ澄まされており、具体的な史実や人物への言及が多いのも長所。

私が引用しなかった部分でも、メディア論・大衆論・総力戦論・近代論・天皇論について貴重な知見に満ちています。

出来れば手元に置いて、じっくり読み込むのが望ましい。

それだけの価値は間違いなくある良書です。

 

ピープル(民衆)の健全さをそのコモンマン(庶民)としての性質に見出すなら、民「主」とか、それをさらに「主義」にまで昇格させて民主「主義」とか言い表すのは、いかにも異常だというほかありません。

民衆「主権」というのは「民衆を大事にする」という一般的な姿勢の誇張した表現だ、というのはわかります。民主「主義」というのも、強い意味ではなく、態度の一般的方向を強調するための誇張だというのもわからぬではないのです。しかし、現代日本で民主主義というと、ほとんどイムペラティヴ(命令的)であり、民主主義という言葉は政治言語の世界におけるイムペリアリスト(帝国主義者)のように我が物顔なのです。

デモクラシー(民衆政治あるいは民衆支配)はあくまで「多数参加と多数決」という政治の「制度」としてとらえるべきです。その制度が価値として肯定されるについては、民衆が庶民の常識を手放してはいない、という条件がなければなりません。その条件があれば、経験知・実践知という人間にとって最も質の高い精神のはたらきにおいて、民衆はいわばアリストス(貴族つまり最優等の者たち)になります。

誇張を恐れずにいうと、民衆政治を礼賛できるのは、「民衆という貴族」の存在を想定できる場合に限られます。精神のアリストクラシー(貴族政治)だというのなら、民衆政治に異を唱えることなどできる相談ではありません。それを民「主主義」としてもてはやすのは当然だ、ということになるかもしれません。

しかし、自分らは主権者だ、だから自分らの主権を政治の「主義」(イデオロギー)とするのは当たり前だ、といいつのることそれ自体が、すでにして常識を逸脱しております。

それは、民衆がみずからをオムニッシェント(全知)ととらえるという意味で、アロガンス(傲慢)の咎に当たります。アリストクラシーつまり貴族政治が失敗したのも、たかだか「財産と地位」を持っているだけのことで、自分らを「アリストス」(最優等)とみなす「カキストス」(最劣等)の振る舞いをしたからです。「財産と地位」をすら持たぬ民衆が最優等者を自称するのは、まさに烏滸[おこ]の沙汰という以外に表現が見当たりません。

そういう愚行をなすことをデモクラティズム(民主主義)と名づけ、デモクラシーと一線を画すべきだと思われます。第二次欧州大戦の覇者ウィンストン・チャーチルは、民衆政治への信と疑の両方を込めて、「デモクラシーは最悪のものより少しよい政治制度にすぎない」といいました。しかし、それとて曖昧にすぎる言い方です。民衆政治にかんする制度論がデモクラティズムという価値論になってしまえば、最劣等の政治がもたらされるかもしれないのです。

それは、単に、民主主義が民衆の傲慢の咎ゆえにオクロクラシー(衆愚政治)やモボクラシー(暴民政治)をもたらす、というにとどまりません。すでに・・・・・[帝政ローマやフランス革命において――引用者註]みたように、衆愚や暴民がみずから進んで民主主義を独裁主義に転化させたという事例に、世界の政治史は事欠かないのです。

広告

2015年2月21日

ロマン・ロラン 『愛と死との戯れ』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 12:27

『ジャン・クリストフ』も『魅せられたる魂』も長すぎる。

短い戯曲で誤魔化しましょう。

著者は、日本で言うところの、昔懐かしい「進歩的文化人」の典型のような政治姿勢の人で、右翼全体主義への抵抗に示された勇気には感嘆するほか無い一方、左翼のそれに対してはあまりにナイーブ過ぎる態度だったんではないでしょうかと言いたい気持ちがあるのですが、これはイデオロギーと政治闘争の空しさを訴えた名作です。

1794年春、恐怖政治絶頂期のパリ、革命政府への貢献ゆえに生き延びているが、ダントン処刑に賛同しなかったためロベスピエールに睨まれつつある老人ジェロームとその若い妻ソフィー、そして追われているジロンド党員ヴァレーの三角関係を描く。

短いが展開は劇的で、ラストは予想したのとは大いに異なるものだった。

スピーディで緊迫感のある名作。

素晴らしい。

読んでよかった。

文学大家の代表作が読みきれそうにない時は、「短編」「戯曲」「歴史モノ」で代替作を探すという方法が今回もうまくいった。

2015年2月17日

コルネイユ 『嘘つき男・舞台は夢』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 07:00

フランス古典主義作家のうち、コルネイユの作品だけが無いのは不恰好だなと思ったので、何かないかなと探していた。

しかし代表作の『ル・シッド』がなぜか手に入りやすい形で出版されていないので、これを選ぶ。

この二編は悲劇ではなく喜劇。

『嘘つき男』は、タイトル通り終始ほらを吹いてその場を適当に言い逃れる遊び人の男が、ある女性を手に入れようとするも、別の女性と勘違いし、それが明らかになってもさらに嘘を重ねて最後は・・・・・という話。

『舞台は夢』は、家出した息子の消息を知りたいと願う男が魔術師のもとを訪ねるところから始まり、劇中劇の形で息子の人生が語られる。

そこで前作を上回るほら吹きが登場して、これでもかと大言壮語する様が笑える。

これが息子の主人で、息子とその男がある女性を争い、さらにもう一人の恋敵が登場、その争いが殺人に発展して、おいおい急に悲劇調だなと思わせるが、最後はあっと驚く仕掛けがあってハッピーエンドになるのには、「へえ」と感心してしまった。

わかりやすくて面白い。

有名作家の作品を穴埋め的にこなすだけのつもりだったのだが、予想外に良かった。

喜劇が「本職」のモリエールによる作品よりも、こちらの方が面白かった。

強く勧める。

2015年2月13日

スタインベック 『怒りの葡萄 上・下』 (ハヤカワepi文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 09:02

昔は高校世界史教科書の最後に出てくる文学者だったのだが、今は『世界史用語集』には載っていない。

本文にではなく作品一覧表ならばあるのか。

1930年代、大恐慌下オクラホマ州の貧農ジョード一家の悲惨な運命を描く。

貧しく粗野ではあるが、根は善良で強い共助の精神を持つ主人公一家。

特に主人公トムより、その母が印象的。

空しい期待に駆られたカリフォルニアへの移住、大資本による土地兼併、農業機械化と失業者増大、富裕層の横暴など、資本主義と自由市場がもたらす矛盾と抑圧を完膚無きまでに描いた本書のような作品は、市場原理主義を教条としたある時期以後のアメリカでは、はやらないんでしょうね。

しかし、かえって今だからこそ読む価値がある。

公権力を私物化し、労働・生活条件の改善と安定を目指す人々の運動すべてを「アカ」のレッテルを貼って、リンチを組織して弾圧する金融資本と富裕層など、現在の社会でも本質的には変らない。

ストーリー自体の面白さと迫力も、登場人物の魅力も、事前に考えていたよりもかなり上回った。

作中の社会主義的共同体に対する素朴すぎる好意的描写にやや違和感を持たなくもないが、全体的にはあまり気にならない。

この面白さは嬉しい誤算であった。

ラストは登場人物の行末が明らかになるというものではないが、しかしかなり印象的であることは間違いない。

これを時代遅れの親左翼文学と片付ける気は私にはしません。

2015年2月8日

ボッカッチョ 『デカメロン 上・下』 (講談社文芸文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 03:33

タイトルはギリシア語で「十日」の意味。

しかし「十日物語」という邦題は定着したことがない。

別に変じゃないし、いいタイトルだと思うんですが。

1348年のペスト大流行を避けて郊外に出たフィレンツェの女性7人、男性3人、計10人が、10日間にわたって各人1話ずつ計100の物語を語るという形式。

内容は様々な逸話集であり、中にはかなり卑猥なものもある。

各話はほとんどが短く、すぐオチに至るので読みやすい。

知らず知らずページを手繰っていき、気付くと一冊読み終えている。

この訳書は抄訳で全体の三分の二弱が訳出されているとのことで、これなら全訳も読めるかとも思うが、やはりやめておくか。

内容に関しては、非常な感銘を受けるとか、深刻に考えさせられるとかいうことは正直無いこともありますし(少なくとも表面的に読む限りでは)。

ダンテやペトラルカと違って散文作品ですから、まあ読める。

いつものごとく、読了しただけでよしとしましょう。

2015年2月6日

吉次公介 『日米同盟はいかに作られたか  「安保体制」の転換点 1951―1964』 (講談社選書メチエ)

Filed under: 近代日本 — 万年初心者 @ 04:40

池田勇人内閣期(1960~64年)に重点を置いた日米同盟史。

まず著者は、「改憲・復古」志向で強硬な「反共」姿勢の岸信介首相が60年安保で退陣、その後継の池田は「寛容と忍耐」を唱えて「所得倍増計画」を掲げ、「吉田ドクトリン」と「経済中心主義」を戦後日本の基本路線として再定着させた、との一般的対比イメージは適切ではないと指摘。

1950年4月吉田茂内閣蔵相の池田が訪米、独立後の米軍駐留を認める意向を伝える。

6月朝鮮戦争勃発、8月警察予備隊発足。

当時の日米交渉の過程で、米国は基地の自由使用を主張しながら日本防衛義務を明確にせず、日本の再軍備加速を求める。

敗戦国の立場を考えれば独立時の吉田の言動も理解できるが、在日米軍の存在が「恩恵」で、日本はそれに「貢献」するという論理が日米安保体制に埋め込まれたことは問題だと、著者は指摘。

日米の力関係の格差、米側ダレスの巧みな交渉術、先の池田ミッションの悪影響もあり、講和と独立は促進したものの、日米安保の交渉では不利にはたらく。

51年サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約。

以後も、特に陸上兵力拡充を求める米国に対し、日本は抵抗。

52年保安隊発足(海上は警備隊)。

53年アイゼンハワー政権成立、国務長官ダレス就任。

同年池田・ロバートソン会談が行われ、米側が求めた30万人ではなく18万規模の再軍備が約束される。

これは通説では、米側の急速な再軍備要求をかわして経済立国主義を貫いた吉田路線の成功例とされてきたが、本書ではむしろ米国が当面の目標と考えた18万人規模を日本が呑まされたと評価されている。

だたし吉田も漸進的再軍備が真の独立達成のために必要であるとは認識。

54年自衛隊発足、吉田内閣退陣、鳩山一郎政権成立。

55年自由民主党結党、左右社会党再統一、「55年体制」成立。

重光葵外相はより対等な立場に向けた安保改定を米側に提議するが、ダレスは拒否。

「ニュールック戦略」「大量報復理論」を掲げるダレスは、米国の核戦力を補完するものとして、むしろ日本を含む同盟国の通常戦力増強を求め、国外の米地上軍撤退を志向。

56年石橋湛山内閣に続き、57年岸内閣、安保改定には成功するが、60年安保反対運動で退陣。

後任の池田内閣は、防衛・安保問題でのタカ派イメージを避けつつ中立主義的外交路線の主張を排し、総選挙に勝利。

基地反対運動の高まりに直面したマッカーサー2世(元帥の甥)駐日アメリカ大使は本国に妥協的対応を進言。

61年成立したケネディ政権は日米関係について「イコール・パートナーシップ」と「負担分担」を掲げ、エドウィン・ライシャワーを駐日大使に任命。

それに応えた池田自身にも「大国」意識があり、日米欧の自由世界の三本柱論を唱える。

米国一辺倒だった日本外交の地平を広げるため、西欧との関係を強化、欧州を歴訪しアデナウアー、ド・ゴール、マクミラン、ファンファーニ(伊)の各国首脳と会談。

国内では第二次防衛力整備計画を策定。

国際政治上の軍事力の決定的性格および自主防衛への志向は、「経済中心主義外交」の池田にも実は共有されていたが、米国の圧力と財政的制約、国内革新勢力の反発という三者の板挟みとなって、防衛力の漸進的増強路線に落ち着く。

62年の(第二次)中印国境紛争によって中国脅威論がアジアの自由主義陣営に広まるが、日本は中国の軍事力を過大評価せず、近接する東南アジアにおいて軍事的対応ではなく経済開発支援で対抗すべきと主張。

これはヴェトナムでの悲劇と米国の大失敗を考えれば、今見ても米国より正しい見解だ。

同年日中間のLT貿易開始。

アメリカはこの決定に反発するが、日本側としては国内の過度の中国ブームを冷ます必要もあった。

大局的に見れば、中国封じ込め政策を継続しても共産政権を打倒する見込みは無く、中国を国際社会に取り込んでその内外政策の穏健化を促すしかない。

71年以降の米国のそうした政策を当時の日本は先取りしていた。

池田は日米間の「核密約」を確認し、自国の軍備強化の他に対外援助を拡大、アジアにおいて(軍事的対応を優先しない)柔軟な反共外交を展開。

隣国韓国とも62年「金・大平メモ」を交わし、65年の国交正常化の道筋をつける。

ケネディ政権は東南アジア・南アジアにおいて地域大国のインドを最重視したが、日本は必ずしもそれに同意せず、ビルマ重視路線を取る。

62年クーデタ以後のビルマ軍事政権は中立と社会主義を掲げ米と疎遠になったが、共産主義とははっきり一線を画しており、日本はビルマと友好関係を維持、タイやラオスへも積極的に援助。

多くが独立から間もなく、中立志向の強い東南アジア諸国に対し、経済協力によって自由世界に引き付け、その過激化を柔軟な形で阻止することが当時の日本の外交政策だった。

ここで問題になったのがインドネシア。

スカルノ政権が内外政策を急進化させ、中国に接近、63年には反マレーシア外交を展開し、日本の仲介も功を奏せず。

しかし日本の行動も無意義ではなく、65年スカルノ失墜後のインドネシアの安定に寄与した。

また南ヴェトナムでは情勢が悪過ぎ、長期的にみて共産化は必至であったが、米国の要請で人道・民生援助は行った。

このように概観すると、アジアの冷戦には池田政権下の日本も明白に関与しており、ただその「戦い方」で日米の違いがあったに過ぎない。

結論として著者は、冷戦期における日本の貢献を列挙し、「空想的平和主義と国内革新勢力の圧力で日本は過去安全保障面でアメリカに全面的に依存していた」というような一方的な負い目を持つ必要は無い、と主張する。

昨今の日本が外交的にますます対米従属路線を深め、その軍備増強と法整備が、自主防衛力強化という真っ当な方向ではなく、米国の独善と利権のための戦争に協力する目的で行われ、そのことへの反対が「反日」「左翼」などという下賤なレッテル貼りとデマゴギーで沈黙させられているのを見る時、本書の主張はより一層貴重で有益なものになるでしょう。

 

面白い。

対象を思い切って池田政権時代に絞っているのが良い。

その分、かなり細かな史実が叙述されているが、それはそれで非常に興味深いものがある。

最後の外交論の部分は特に面白い。

堅実で役に立つ良書。

お勧めします。

2015年2月3日

セルバンテス 『ドン・キホーテ  前篇 全3巻』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 05:24

タイトルは誰もが知っているが、実際読んだ人は極めて少ない古典の一つ。

騎士道物語の読み過ぎで頭のおかしくなった50歳近い郷士のおっさんが自身をドン・キホーテと名乗って(つまりこの名は自称である)、やせ馬ロシナンテに乗り農夫のサンチョ・パンサを従士に引き連れて旅に出、ありとあらゆる現実を妄想的に解釈して、七転八倒、抱腹絶倒の騒ぎを繰り広げる。

無学・単純の一方欲深で計算高く、主人公とは逆に現実的という人物造型のサンチョ・パンサだが、実はこの男も相当おかしいですよ。

なお途中で、実質別の話である挿話が何回か挟まれる。

不実な貴族の息子に翻弄される男女、妻の貞淑を試そうとしてかえってそれを損なってしまった愚かな男の話に加えて、北アフリカでイスラム教徒の捕虜になっていた男が脱走する話が語られる。

最後のものは、レパントの海戦に参加し、その数年後退役して帰国する途上の船をイスラム教徒に襲われ、数年間自由を失ったセルバンテス自身の体験も含まれている模様。

ドン・キホーテ自身の活躍が途中から薄れるが、読み通すのに困難はほとんど無い。

実際、思っていたよりもはるかに読みやすく、すらすらページが手繰れる。

400年以上前の作品とは到底思えない。

このユーモアは現代人でも十分わかる。

近所の粗野でガタイのでかい田舎娘を「ドゥルシネーア姫」などと呼んで崇拝するドン・キホーテには思わず笑ってしまう。

このおっさん、面白過ぎます。

素晴らしい。

予想に反して古典的作品が面白く感じられるというのは、文学初心者にとって最高の喜びだが、本書はそれに最も当てはまる。

これは嬉しい誤算であった。

こういうキャラクターを最初に創造したのはやはり天才的だと思える。

この翻訳のタイトルは「前篇」および「後篇」だが、実質的に「正篇」「続篇」というべき関係のようですので、初心者は「前篇」だけで十分でしょう。

あまり難しいことは考えず、ニヤニヤ笑いながら読み通すだけでよい。

すべてのものが欲得ずくで動く社会で、中世的な美徳と正義を貫く主人公を表面的には嘲笑しながら、同時に秘かな共感を持って描いて周囲の偽善と欺瞞を浮き彫りにし、胎動を始めた近代という時代への批判を込めた、なんてテーマを読み取るのも不可能ではないが、それは気に入った作品には何でも近代批判を見ようとする私の悪い癖でしょうね。

とにかく素人でも十分読める古典。

是非お勧めします。

2015年2月1日

チェーホフ 『馬のような名字  チェーホフ傑作選』 (河出文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 05:45

短編小説の名手チェーホフは、各社から実に多種多様の選集が刊行されている。

新潮文庫と収録作品が一部ダブるが、本書も面白い。

ユーモアあり、恐怖あり、哀感あり、かすかな喜びあり。

ショートショートに近いものもあるが、みな味がある。

特に「ある往診での出来事」はやはり傑作中の傑作だなと改めて感じた。

「学生」もごく短いが大変良い。

「ねむい」の恐ろしさも印象的。

「かわいいひと」は収録されているが、割と有名な「犬を連れた奥さん」はない。

「中二階のある家」もない。

だが、本書も決して悪くないでしょう。

チェーホフの小説を一冊読むのなら、これを選んでもいいです。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。