万年初心者のための世界史ブックガイド

2015年1月1日

トルストイ 『クロイツェル・ソナタ』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 01:26

『戦争と平和』の通読がきつ過ぎたので、もっと手軽にトルストイの作風に触れることのできる本はないかと考え、これを手に取った。

嫉妬のために妻を殺害した夫の独白を通じて、性的ストイシズムの思想を展開した作品。

とても短いので読むのは楽。

ごく気軽な感想を言えば、作者の主張があまりに一本調子で面食らってしまい、こういう問題はもう少しユーモアやペーソスを交えた微妙な言い回しを用いてくれないものかなあ、そうじゃないと説得力も生まれないんじゃないかなあ、と思ってしまった。

しかし一方で、自分自身徳義漢ぶるつもりは全くなく、そんな資格は微塵もないのだが、広義の性の商品化と恋愛至上主義が、こうまで営利目的で組織的に完備されてしまった現代社会では、こういう極論も貴重なのかなとも感じたことも事実である。

文章の密度は高く、一気に読ませる筆力はさすが文豪と、翻訳を通じても十分感じられる。

トルストイ入門としては非常に良いのでは。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。