万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年12月26日

マーク・トウェイン 『ハックルベリー・フィンの冒険  上・下』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 08:03

前作『トム・ソーヤーの冒険』は児童文学扱いだが、文学的評価はこちらの方がはるかに高いらしい。

しかし、読み比べてみて、そんなに違いがあるかなあというのが正直な感想。

どちらも実に面白く、読みやすい。

自由児ハックと黒人逃亡奴隷ジムの冒険。

ひょんなことから二人の詐欺師と同道したり、ハックが危険に直面すると変幻自在といった調子で口から出まかせを述べ、嘘をついて危地を脱する様は本当に面白い。

なお、ラスト近くで意外な人物が登場します。

私にとっては、正確な文学的価値はわかりません。

ただ初心者でも楽しく読める小説というだけの位置付けです。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。