万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年11月9日

シャーロット・ブロンテ 『ジェイン・エア  上・下』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 07:19

作者は、エミリ、アンと並ぶ、ブロンテ姉妹のひとり。

ブロンテ姉妹(ただしシャーロットとエミリのみ)はオースティンと共に、「高校世界史教科書の文学史にはほとんど出てこないが、各種の世界文学全集にはほぼ必ず収録されている作家」です。

孤児同然の境遇の女性が力強く人生を切り開いていく物語。

ストーリーの語り口と展開、伏線の張り方が実に巧み。

クライマックスが3回くらいあるような感じで、最後の最後まで決して飽きさせずに読ませる力がある。

個人的には、エミリ・ブロンテの『嵐が丘』より、こちらの方が面白かった。

ブロンテ姉妹の生前には、本書は大ヒットしたが、『嵐が丘』の評価が高まるのは作者の死後だったそうで、本書の方が素人にはわかりやすいんでしょう。

とは言え、文学初心者にとっては、それが欠点とは思えない。

名作としての評判と、実際読んだ際感じられる面白さが一致しているのは、初心者にとって大きな喜びです。

やはり素晴らしい。

分量はかなりあるが、さして気にならない。

是非読むべき。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。