万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年6月26日

西部邁 『昔、言葉は思想であった  語源からみた現代』 (時事通信社)

Filed under: 史論・評論 — 万年初心者 @ 16:01

政治、経済、社会、文化の四分野について108の術語を取り上げ、副題の通り、その語源から本来の意味を論じていく本。

非常に豊かな内容を持ち、様々な場合でのものの考え方の基本を築いてくれる作品となっている。

じっくり取り組む価値のある良書。

 

 

大衆(mass)

「マス」(mass)という英語に「大衆」という日本語を当てたのは、返すがえすも残念な成り行きでありました。マスというのは、砂山や穀物山のような「ばらばらな個の巨大な集積」のことです。現代社会はマス・ソサイアティ(mass society)とよばれます。それは、デヴィド・リースマンの「孤独な群衆」という表現に端的に示されているように、大量[マス]ではあるが団塊としてくっつき合ってはいない人々の群れ、というイメージなのです。

しかも社会学の用語としてのマスには価値論的な含意が、といっても負価値が、込められています。「財産と教養を持たない」貧弱で粗雑な連中、あるいは「自立心を持たずに世論の人気に流される」弱気で甘ったれた手合、といった人々の群れがマスなのです。もう少し理屈っぽくいえば、その時代のイデオロギーに、近代でいえば技術主義のごとき観念体系に、何一つ「懐疑[スケプティシズム]」を差し向けずに、それに馴れ親しんでいる自分についていささかも「考え深く[スケプティコン]」はないこと、それが「マスマン」(大衆人、mass man)の特徴なのです。

ところが日本語で「大衆」というと、単に民衆の代替語であり、要するに、漢語に従って、「手足を広げた」(大)人々が国家という「家の屋根」(「血」)の下に「三人も」(・・・つまり「多数」も)いるということを意味します。要するに、通常人[コモンマン]の群れ、それが大衆なのです。だから、それには価値論的な意味が付されていません。いや、民主主義における人間礼賛[ヒューマニズム]のイデオロギーが支配するこの時代では、大衆は正価値を担っております。それゆえに、「大衆の声を聞け」などという口上が到る処で聞かれるのです。

ホセ・オルテガの『大衆の反逆』という本の題名だけをみて、「悪しき権力に良き大衆が反逆している」という光景を思い描く者が少なくありません。笑止千万の話です。彼が論及したのは「社会を統治する能力を持たない大衆が、自分らの限界に反逆して、社会の統治に乗り出す」という蛮行についてでした。

ともかく、負価値のマスが(この列島で)正価値の大衆に変じる、というのは文化における東西交流の嗤うべき行き違いではあります。

 

 

民衆政治(democracy)

ギリシャ語の「デーモス」(民衆、demos)は、英語として残っているだけでなく、「民衆的」ということを意味するものとして「デモ」が接頭語としてつかわれています。「デモクラシー」(democracy)がまさにそれで、「民衆の支配」を意味します。いえ、「クラシー」(cracy)は接頭語で、クラトス(力、kratos)がクラティア(制度的支配、kratia)となり、それが英語で「政治」や「制度」にかかわる接尾語としての「クラシー」(cracy)になったわけです。

いずれにせよ、デモクラシーは「民衆政治」に対応します。それを「民主主義」と訳したのは誤訳に近い、ということに留意しておかなければなりません。「主義」という日本語の接尾語が強すぎる、といいたいのではありません。「イズム」は何らかの「強い態度」のことといえましょうが、その程度は教義から慣例までの広範囲にわたっています。民主主義という訳語で問題になるのは、民主における「主」であります。それは「サヴリンティ」(sovereignty)あるいは「サヴリン・パワー」(sovereign power)のことで、日本語では「主権」と訳されています。そして主権とは何かとなると、サヴリンティつまり「崇高性」のことで、サヴリン・パワーならば「崇高な権力」のことだとなるのです。崇高は何を意味するのかと問われたら、誰しも絶大、絶対、超越といった類の言葉をつかって説明するほかないでしょう。

民衆が「崇高、絶大、絶対、超越」の存在であると聞いて首をかしげないとしたら、その人は愚か者もしくは嘘吐きです。

民衆にかぎらず、人間はすべて真に達しようと努めても偽を克服できず、善に満たされたいと願っても悪から脱出できず、美を表したいと望んでも醜を伴ってしまいます。その意味で人間は不完全[イムパーフェクト]です。

十八世紀、啓蒙主義の時代に、知識人たちは人間の「パーフェクティビリティ」(完成可能性、perfectibility)のことを頻繁に口にしました。それがヒューマニズム(人間礼賛の思想、humanism)です。しかしそれは、人間性を神に代位させようとする迷妄であったとしかいえません。「崇高」の観念は必要でしょうが、「崇高な物や者が実存する」と考えるのは軽率の咎というべきでしょう。

古代ギリシャでは、デーモスはオクロス(衆愚、ochlos)になっていくのではないか、さらにアリストス(最優等者としての「貴族」、aristos)とは反対の者、つまりカキストス(最劣等者、kakistos)になってしまうのではないか、と懸念されていました。だから、ソクラテスとプラトンによって始められた(といってよい)政治学は、古代アテネにおける民衆政治にたいする疑念を表明したものだったのです。それが、現代政治学では民衆政治への礼賛のほぼ一色で塗り固められています。こういうのを歴史の皮肉というのではないでしょうか。ギルバート・チェスタトンの警句に倣えば、「無知は、物を知っていると思っている人間を襲う、病気だ」ということになりましょう。

漢語の「民」もまた、原義としては、「目を潰された人」つまり「物事のわからぬ人」ということです。「衆」は「家の下にたくさんの人々がいる」ということの象形ですから、「民衆」とはまさに「衆愚」のことをさす、ということになります。

古代のギリシャ人や中国人の民衆観が正しかったと断言したいのではありません。

民衆の振る舞いに疑惑を抱かずに、彼ら(つまり我々)を主権者とみなして皆で拍手しているというのは、それ自体として、最劣等の証拠だといっているだけのことです。

デモクラシーを民衆政治と素直に訳していたなら、主権という余計な規定が排されているため、それは第一に「民衆という名の多数者が集団の意思決定に参加する」ことであり、第二に「その決定を多数決で行う」ことである、と明解に定義されたでしょう。つまり、政治における「民衆制」は「多数参加と多数決制」という一個の決定方式にすぎないのです。方法にすぎないものを理念にまで昇格させるのに、民「主」主義という日本語が大いに寄与した、と認めざるをえません。そのせいもあって、戦後日本では、民衆政治への懐疑を表明するのが禁句になってしまいました。

いえ、日本における以上にそれをタブーとしてきたのはアメリカです。日本のいわゆる「戦後民主主義」とて、占領軍からいわゆる「アメリカン・デモクラシー」を有り難くも授けられた、という敗戦国にありがちの従属・属国の姿勢によって強化されたものです。アメリカにおいて、なぜ、デモクラシーが「デモクラティズム」(民主主義、democratism)となったのか、問われるべきはそのことです。

その答えは、壮大な社会実験として建国されたアメリカでは、三百五十年近くの自然時間が経過していようとも、歴史時間の意識が乏しいという点に求められます。つまり、その間に貯えられた過去の国民的な英知を大事にしようという意味での歴史の感覚が貧しいということです。そうであればこそ、アメリカでは、「トラディショナリズム」(伝統主義、traditionalism)は、あくまで、因循姑息という悪い意味の言葉としてつかわれています。とくに、1830年代の(アンドリュウ・ジャクソンの)「ジャクソニアン・デモクラシー」のあと、トックヴィルが見抜いたように、アメリカは西欧の伝統からみずからを切り離しました。で、アメリカは近代で最初の大衆社会となりました。マスとは「デモクラティズムを信奉するデーモスのことだ」と定義したくなるくらいのものです。

前章の「伝統」および「処方箋」の項で示したようにトラディッションが国民の認識と実践のプレスクリプション(予規定、prescription)となるとわきまえているなら、主権の概念に新たな光を当てることができます。つまり、「崇高な権力を宿すのは伝統である」という見方です。伝統がその国の死者たちが残した歴史の「ウィズダム」(智慧、wisdom)であることをさして、チェスタトンは、大事なのは「死者の民衆政治」なのだ、と比喩しました。この感覚が乏しい先進国の代表、それが太平洋両岸の日米両国だ、といって間違いありません。

 

 

 

民衆煽動(demagogy)

大衆政治が大量(情報)媒体によって膨張と破裂を繰り返すようになると、そこに「デマゴギー」(民衆煽動、demagogy)が強く作用していることに多少とも気づかされます。

・・・・・・

ほとんど確認されることがないのは、「デマ」とは何か、それはデマゴギーのデマである、つまり「民衆的」ということである、という一事です。まとめていうと、「民衆政治[デモクラシー]にあって民衆[デーモス]は嘘話[デマ]による煽動[デマゴギー]に誑らかされやすい」という真実が、古代ギリシャにおいてすでに明瞭であったにもかかわらず、忘れられているのです。逆にいうと、そのことが広く知られていたなら、民主主義を礼賛する声がこうまで広くこうまで高くならなかったに違いありません。

民衆自身が、民衆的であることに主権までをも与えよと要求しながら、民衆的であることの証拠ともいうべきデマを楽しんだあと、デマはよくないと触れて回る、これが民主主義の偽らざる姿なのです。

・・・・・・

民「主」政治とは、大衆政治のことにほかなりません。

おのれらに主権ありと僭称することそれ自体が、民衆が堕落したことの証左です。

そして大衆は、伝統を足蹴にしつつ、自分らの欲求と意見を世論の運動として展望しつづけております。社会のあらゆる権力の座に自分らの代理人を送り込むのに成功したという意味で、「大衆[マス]の支配[クラシー]」はきわめて高度の段階に到達したとみるしかないのです。

広告

2014年6月23日

イプセン 『人形の家』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 16:02

教科書では、ゾラモーパッサンと並んで自然主義文学の代表者として挙げられる三人のうちの一人。

前二者がフランスの小説家であるのに対し、イプセンはノルウェー人で近代劇を確立したとされる劇作家。

この作品名も著者の代表作として、高校世界史でも名が出る。

主人公ノラが、ある事件をめぐって夫と訣別し、自立した人生を歩みだす物語。

ごく短い戯曲で読みやすくはある。

しかし、婦人解放運動の先駆的役割を果たしたということはわかるが、よく言われるように、今となっては当時この作品がもたらした衝撃がわからない。

「女性の自立」など、(十全に実現されているかどうかは別にして)現在ではごく当たり前の価値観になっているので。

作品自体の印象があまりにも薄い。

ストーリーも平板で意外な展開に乏しく、良さかわからない。

「がっかり名作」としか感じられない。

知名度の高い作品を楽にこなしたのはいい事だと割り切って、次に行きましょう。

2014年6月20日

ディケンズ 『二都物語  上・下』 (新潮文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 16:27

これも、高校世界史での知名度は高い。

フランス革命を背景にした小説。

フランス貴族の生まれながら、それを嫌い英国に移住したチャールズ・ダーニー、旧体制の犠牲者である父を持つルーシー・マネット、やや自堕落ながらも高潔さと勇気も併せ持つ弁護士シドニー・カートンらが登場人物。

カーライルの『フランス革命史』に影響を受け、旧支配層の不正と抑圧、革命家の冷酷・残忍さの双方を叙述している。

しかし、旧体制の悪の描写が、余りにも戯画的というか漫画的で、文豪と言われる人にしてはちょっとどうなのか、と身の程知らずの感想を抱いてしまった。

だが、大革命が始まり、登場人物がその混沌に巻き込まれてからの、狂的で気まぐれな残虐行為に耽る快楽を「堪能」する群衆の描写はすごい。

途中からだんだん面白くなってきた。

伏線の張り方も巧いし、ラスト近辺の緊迫感と盛り上がりは相当のもの。

読後感はかなり良かった。

高校世界史ではディケンズの代表作と言えばこれだが、他の作品の方が優れているとの評価もあるようです。

だが、例えば『デイヴィッド・コパフィールド』なんかは長いし、初心者はひとまずこれを着実にこなしておけばいいんじゃないでしょうか。

2014年6月16日

重光葵 『外交回想録』 (中公文庫)

Filed under: 近代日本 — 万年初心者 @ 16:06

重光については『昭和の動乱』は紹介済み。

本書は外交官生活の始まりから日米開戦直前までの回顧録。

1911年に外交官・領事官試験に合格。

芦田均と同期。

当時外相は小村寿太郎から内田康哉へ替わり、次官は石井菊次郎。

まずドイツ大使館に勤務。

第一次大戦勃発時には、独国内の親日的雰囲気から反日的なそれへの変化を体験。

英国在勤から米国およびポーランド領事を務め、パリ講和会議に参加。

さらに北京・ベルリンでの勤務を経て、1929年上海総領事となる。

芳沢謙吉駐華公使と共に済南事件収拾の任に当たる。

この時、枢密院に蟠踞する伊東巳代治、金子賢太郎、平沼騏一郎らが対中融和反対する。

私は基本的に、枢密院のような「非民主的」制度は、世論の暴走を押し止めるために必要かつ有益な制度だったと考えるが、昭和に入るとむしろ矯激・粗暴な民衆世論に迎合して、政府の責任ある政策の足を引っ張るような存在になってしまったことが、非常に残念である。

北伐以降、中国の革命外交は激化し、租借地回収の目標に、旅順・大連など関東州をも含めるとの態度を示すようになる。

中国ナショナリズムの台頭が必然だったとしても、これはあまりに性急にすぎ、日中関係に逃げ場がなくなってしまう。

重光は、蘇州・杭州などの副次的重要性しか持たない居留地を中国に返還することを提言し、日本の善意を見せ、列強に十分説明を尽くし、日華関係が「堅実に行き詰まる」ようにすることを、幣原喜重郎外相および谷正之アジア局長と確認する。

だが、不幸にして日中関係は破局的に行き詰まり、31年満州事変、32年1月第一次上海事変勃発。

上海事変停戦後、4月の天長節祝賀会で朝鮮人独立運動家尹奉吉による爆弾テロに遭い、重光は右脚を切断する重傷を負う。

なお、上海事変では、犬養首相、芳沢外相の個人代表として松岡洋右が、意外にも著者と協力して停戦協定締結に奔走する姿が見られる。

1933年白鳥騒動(『外務省革新派』参照)で、次官が有田八郎から重光に交代。

外相は内田から広田弘毅へ。

36年ソ連大使、38年英国大使。

この間、35年広田外相の下での次官時代、中国の幣制改革に自分は反対ではなかったというように書いているが、これは過度の自己弁護的修辞ではないかとかなりの疑いを持ってしまった。

英国主導の「1935年の対日宥和策」というチャンスを逃したことが、戦前日本にとって致命的だったとの見方があることを考慮すればなおさらである(戦前昭和期についてのメモ その4参照)。

38年7月張鼓峰事件では8月の停戦協定締結に尽力、英国ではネヴィル・チェンバレン、サイモン、ハリファックス、バトラー、サミュエル・ホアら宥和派と協力し、チャーチル、イーデン、ダフ・クーパーら親米・反宥和・対日強硬派を牽制。

40年米内内閣末期、フランス降伏という危機的状況を受け、首相チャーチルは対中援助用のビルマ・ルートを3ヵ月間閉鎖するという決断を下すが、この一時的対日宥和策の間に、日本は日中和平のチャンスを掴めず、9月には日独伊三国同盟が締結される。

本書の範囲外だが、以後の著者略歴を記すと、41年12月末中国大使(汪政権)、43年東郷茂徳の後任として東条内閣外相に就任、同年大西洋憲章に対抗した大東亜宣言を発表。

同宣言には「大東亜共栄圏」の語はあえて用いられず、アジア植民地独立が謳われている。

小磯内閣で外相留任、敗戦後、45年東久邇宮内閣で再び外相、首席全権として戦艦ミズーリ艦上で降伏文書調印、東京裁判で禁固7年の判決を受け、独立後は52年改進党総裁、54年日本民主党総裁、鳩山一郎内閣の外相となり、56年日ソ共同宣言と国連加盟という最後の仕事を成し遂げて、57年死去する。

以下の文章は、戦前日本を誤らせ、また今日の日本も誤らせつつある、世論というものの悪しき側面を示して余りある。

対外的に堂々と正論をもって強硬論を唱え、あるいは交渉するのは私の歓迎するところである。私は任を外に奉じて、未だかつて弱腰で交渉したことはない。しかし交渉はいつも大所高所から見た理路整然としたもので、国家の大局に益しなければならない。車夫馬丁の感情的喧嘩に類するものは、まことに軽薄であって、自信に欠けており、国の威信と品位を下落させ、国益を損すること計り知れないものがある。革新の時期には多少の行き過ぎはあえて問わないが、最近日本の軍部的傲慢非礼で陰険な手段は果たして革新を成功に導くゆえんであろうか。明治維新を思い、その功臣を気取る連中は、維新時代の中心人物の苦心と謙譲の精神を味わうべきではなかろうかなどと私は当時心配に堪えないものがあった。

楽に読めるのは良い。

内容的にはまあまあ。

ただ、副読本としてではなくメインテキストとして、特に本書だけを読む必要はさして感じない。

2014年6月14日

ヘミングウェイ 『老人と海』 (新潮文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 16:25

ヘミングウェイは、学生時代に『誰がために鐘は鳴る』を読もうとして、あまりに退屈なので投げ出した記憶がありますねえ。

(まず読み手の私の問題でしょうが。)

こっちは、150ページ弱と短く、挫折する恐れは少ない。

読むのはやはり楽だった。

キューバの老漁師の小さな冒険、そして彼を慕う少年の話。

ストーリーから何を読み取るべきなのかは、正直わからない。

巻末の福田恆存氏の解説は興味深い。

「ヘミングウェイを(一作でも)読みました」という事実を作っただけで良しとします。

2014年6月10日

エミリー・ブロンテ 『嵐が丘  上・下』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 15:54

現在では、ブロンテ姉妹の作品では最も評価の高いものか。

アーンショウ家、リントン家、孤児ヒースクリフの二世代にわたる愛憎物語。

ストーリーの運びはものすごく巧いと感じる。

おかげで、読むスピードは極めて速くなる。

キャサリン・アーンショウとヒースクリフの物語となる前半よりも、後半以降が長いのは、構成上少し違和感を持ったが、結果としてはそれほど気にならなかった。

中盤の陰惨な雰囲気がすごいので、ラストがこうも爽やかなものになるとは思いもよらなかった。

やはり傑作と言われるだけのことはある。

できるだけ新しい訳で読めば、初心者でも通読は困難ではないと思う。

気後れせずに、読了しておくべき古典と言えます。

2014年6月5日

メルヴィル 『白鯨  上・中・下』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 16:05

原題は「モービィ・ディック」。

片脚を奪われたエイハブ船長が復讐の念にとり付かれ、伝説の巨大な白鯨を追う話、という極めて大雑把な粗筋は、大抵の人が知っているが、実際読んだ人は甚だ少ない作品。

海洋冒険リアリズム小説かと思うと、全然違う。

多くの人が指摘するように、何とも妙な小説である。

全編、非現実的・幻想的雰囲気が漂う。

鯨の生態や捕鯨業についての雑多な知識が割り込んできて、ストーリーが始終分断される。

章割りが細かいので、ペースはつかみやすいが、上記のような衒学的部分は、とばさずとも、かなり流して読まないと挫折する恐れがあり。

とにかく異様に読みにくい。

宗教的政治的比喩が多数あり、全体が何か深遠な寓意を秘めているのかとも思えるが、どうもピンとこない。

知識も感性も興味も無い私にはそれが読み取れない。

残念ながら、物語の面白さを満喫させてくれるというような小説では全然無い。

白鯨との最後の決戦描写の迫力には感心するが、量的には全体と比して極めて少なく、どうしてもあっけない印象を抱いてしまう。

初心者にとって、通読は相当苦しい。

半分くらいにまとめられたんじゃないの、などと身の程知らずの不遜な感想を持ってしまう。

「世界文学全集」の類には極めて頻繁に収録されているが、私には良さが全くわからない。

これを面白いと言う人の感性に(皮肉ではなく本当に)感心してしまう。

玄人向けの作品という印象。

これも読了した事実だけが収穫です。

評価は1を付けざるを得ない。

もちろん、これは作品の真価を感じ取れない私の感性の鈍さを示す数字と受け取って頂いて結構です。

2014年6月3日

ホフマン 『黄金の壺』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 16:24

これも教科書にはまず出てこないが、ドイツ・ロマン派の代表作の一つらしい。

学生の頃、なぜか一読している。

そこそこ面白かった。

雰囲気は幻想的で、いかにもロマン主義の作品だと感じ取れれば良しとしましょう。

今は、光文社古典新訳文庫で、「マドモワゼル・ド・スキュデリ」が併録された翻訳が出ているので、読むとしたらそちらの方がいいかもしれません。

2014年6月1日

チェスタトン 『ブラウン神父の無心』 (ちくま文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 02:17

ポーから「シャーロック・ホームズ」と来て、さらにこれを派生させる。

名著『正統とは何か』で有名な保守思想家の手に成る推理小説シリーズ第一作。

ホームズものとは違って、私は本書しか読んでいないが、これも気に入ったらシリーズを読破しても良いでしょう。

本書の中では、「イズレイル・ガウの信義」が非常に面白く、深く感心してしまった。

トリックでアッと言わせるというより、人間観察の妙を感じさせる。

興味のある方は一度手に取ってみて下さい。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。