万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年4月20日

ロンゴス 『ダフニスとクロエー』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 06:08

学生時代に既読。

これは何で読んだのかな?

もちろん高校教科書に出てくる程の知名度は無い。

三島由紀夫『潮騒』(これも学生の頃一応読んだ)の種本とも言われているが、それで読んだわけでもないはず。

古典作品にしては露骨なエロ描写に惹かれたのか。

(馬鹿丸出しですな。)

確か、帝政ローマ時代のギリシア語作品のはず。

高校世界史レベルではタイトル自体出てきませんが、それなりに有名な作品のようですから、まあ読んで無駄ということは決してないでしょう。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。