万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年3月1日

アリストパネース 『平和』 (岩波文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 02:14

この作品でも『雲』と同様にクレオンへの批判が見られる。

ペロポネソス戦争中のデマゴーグの跋扈が、本当に目に余るものだったんだなと実感する。

そんな連中が煽る、俗耳に入りやすい好戦論と、それに易々と流される民衆。

世界史上、全く同じことが、全く同じように繰り返されてます。

荒唐無稽な粗筋の中に、深刻な内容が見え隠れします。

初心者でもそれを感じ取ることができる良作です。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。