万年初心者のための世界史ブックガイド

2014年1月21日

ドストエフスキー 『貧しき人々』 (光文社古典新訳文庫)

Filed under: 文学 — 万年初心者 @ 07:39

ドストエフスキーの処女作。

貧しい小役人と不幸な少女の間の書簡体小説。

哀歓と切なさに満ちた佳作という印象。

それほど長くないし、この大作家の入門としてはいいんじゃないでしょうか。

もちろん知的体力のある人は後期の諸大作に即取り組んでもいいですが、ドストエフスキーの場合、主要作品を刊行順に読んでいくのも面白い。

間違いなく、それだけの労力をかけるに値する作家でしょうし。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。