万年初心者のための世界史ブックガイド

2013年10月23日

西部邁 『ケインズ』 (岩波書店)

Filed under: 思想・哲学 — 万年初心者 @ 09:03

1983年刊。

著者名と出版元を見比べると驚いてしまいますね。

個人史、価値観、学問論、政治論、経済学の五章。

思想的部分や経済学的解説で、難しい部分があっても、そこは飛ばし読みでいいでしょう。

第四章の政治論を中心に読めばいい。

過度の市場的活動が、限定的合理性しか持たない諸個人の支えである慣習体系を動揺させ、社会は不均衡・分裂・動乱に見舞われる。

共産主義のような恐るべき狂信的運動が惹起する中、それを避けるためケインズが構想した経済への国家介入政策が生まれる。

それが「大きな政府」の弊害を生み出したのは確かだが、そもそもそれは原子的個人主義と教条的市場主義、自由放任主義が生み出した社会の弊害に耐えかねた大衆が自ら求めたもの。

にも関わらず、1970年代後半から80年代以降、新自由主義者が反エリート主義と大衆の自発的活動への信頼を掲げてケインズ批判に乗り出したのは途方も無い偽善・欺瞞・独善・虚偽であり、保守派がそれに合流するのはまぎれもない堕落であり、保守主義の大衆化をもたらし、大衆の趣味性向が絶対視されるいかがわしい市場への警戒心を放棄する自殺行為である。

そもそも「個人の原子化」「社会の中の中間団体と階層性の破壊」という点において、新自由主義(および前代の自由放任的資本主義)と左右の全体主義は強い親和性を持つ双生児であり、はっきり言って前者が後者の勝利をお膳立てしたとしか言いようが無い。

こうして「社会」を、私的個人同士の相互活動で出来上がる薄い膜のようなものへと縮小することは、今日、リバタリアンや自由市場主義者の野望として提示されています。しかし、わたしたちが忘れてはならないのは、それが何よりもまずジャコバン派、ボリシェヴィキ、そしてナチスの夢であったということです――もしわたしたちを、共同体あるいは社会として結び合わせるものがないならば、わたしたちは完全に国家に依存するしかない、というわけです。・・・・・

こうしたプロセスに、不可解な部分などまったくありません。それはエドマンド・バークのフランス革命批判のなかで、十分に述べられています。彼が『フランス革命についての省察』のなかで書いているのですが、国家の骨組みというものを破壊してしまうような社会は、すぐにも「個人性という粉塵へと空中分解してしまう」に違いありません。公共サービスを骨抜きにし、それらを民間供給者のネットワーク委託という形にまで縮小することで、わたしたちは国家の骨組みの解体に手をつけたのです。「個人性という粉塵」について言えば、それこそ正にホッブズのいう、万人の万人に対する戦争にそっくりで、そこでは多くの人びとの生活が孤独で、貧しくて、少なからず不快なものになってしまうのです。

トニー・ジャット『荒廃する世界のなかで』より)

言論の自由や市場活動に適切な規制と制約を課そうとする動きに対して、新自由主義者が「左翼」だの「全体主義」だのとレッテルを貼り、聞くに耐えないような罵詈雑言を浴びせているが、これほど卑怯下劣で見下げ果てた行為も無い。

こうした論旨に、個人的には衷心より同意する。

もう今の日本に社会主義的左翼の脅威など、どこにも無い。

むしろ自由と市場を絶対視する新自由主義者(というかその正体は、ただの拝金主義・快楽主義・物質主義者)が社会を混乱と窮乏に導いているにも関わらず、財力と金権を最大限に用いたデマゴギーによって世論を実質的に支配し、極少数の富裕層だけを「勝ち組」にする政策が推し進められている。

現在「オピニオン・リーダー」面をして、新旧のメディアでそのような政策の「必然性」を説くネオリベ的経済学者には激しい嫌悪と軽蔑しか感じない。

このまま行ったら、またしても逆の狂信的運動が生まれて、ある種の破局がこの国を見舞うのではないかという恐怖を感じます。

著者の作品のうち、特にこの本が、ということはないが、以下の引用文のように、心にずっしり応える部分は間違いなくあります。

『経済倫理学序説』間宮陽介『ケインズとハイエク』との併読を勧める。

・・・・・錯綜がありながらも、経済学の本流は自由放任の思想に偏っていたのであり、それはまた、一般庶民の素朴もしくは低俗な自由思想と呼応していたのである。というのも経済学は社会的慣習の重みについて、人間の知的および道徳的不完全性について、そして自由と平等のあいだの葛藤について、あまり真面目な考慮を払ってこなかったからである。総じていえば、“選択の自由”にたいする制約をできるだけ弛く解釈するのが経済学のやり方であり、それは“われらをして自由になさしめよ”という大衆の野蛮な叫びと軌を一にしているといってよい。ケインズは、経済学者たちと一般公衆のあいだに瀰漫していたこの堕落せる自由思想に痛撃を与えようとしたのである。

・・・・・ケインズは・・・・・自由放任への反発のあまり社会計画に安易に飛びついたとの感を免れがたいのである。その結果、彼は国家機構の懐にふかく抱かれた人物なのだという印象を世人に与えつづけてきた。だからこそ、大きな政府に反対する経済思潮が反ケインズ主義の形をとっていま吹き荒れているわけである。私自身は、大きな政府は大衆が国家の庇護を要求したことの結果にほかならないと考えている。したがって、そのような非自律的な大衆が市場機構の野に放たれて小さな政府ができたとて、経済学の純粋理論が教えているような自由の理想郷に入りうるなどとは毫も考えていない。

・・・・・旧制度における物質的不幸と社会的不平等それ自体は可能なかぎり、治癒されてしかるべきものであったろう。しかしそこには、凡庸なるもの、低俗なるもの、画一的なるもの、満悦的なるもの等々、つまりは大衆的なるものへの懐疑がまだ残されていた。その懐疑を保守しつつ物質的幸福と社会的平等の水準を高めること、それがケインズにおける大衆への二面作戦なのであった。彼が経済学の領土に自らを封じこめずに、より広い言論活動へと旅立っていったのもそのためと思われる。というのも、彼のみるところ、経済学は大衆性への懐疑を提供してくれるような種類の学問ではないからである。経済学は、たかだか、物質的幸福と社会的平等の問題にかかわるにすぎないとされていた。それらに伴う精神作用について、たとえば大衆的精神の横行が文明の殷盛を示すのかそれとも衰退の兆であるのかなどについて、解釈し懐疑するのは経済学の仕事とはみなされなかった。したがって、ケインズの幅広い言説が彼の亜流たちによってケインズ経済学という形に縮退させられてしまったとき、彼が高度大衆社会を飾る一柱のトーテムに祭り上げられたのも仕方ないところである。

2013年10月15日

カタリン・エッシャー  ヤロスラフ・レベディンスキー 『アッティラ大王とフン族  <神の鞭>と呼ばれた男』 (講談社選書メチエ)

Filed under: ローマ — 万年初心者 @ 13:21

選書メチエでは珍しい翻訳モノ。

著者はフランス在住の研究者。

アッティラ以前のフン族小史に続いて、史料の紹介と検討の後、アッティラの生涯、個性、政治、外交、軍事、死の状況、後世に残った神話について、各一章を割り当てる構成。

叙述方法においては、正確さを重視し、「互いをコピーし合っている」歴史小説まがいの著作からは一線を画している。

利用史料は、アンミアヌス・マルケリヌスの他、東ローマの外交官プリスクスのアッティラとの会見記録など。

フン族の故地、民族系統、言語系統は今もって不明。

(西)匈奴の後裔とする説も、確証は無し。

テュルク系言語を話す支配民族あるいはカリスマ的王家によって統合された遊牧民の集合体が融合して「民族」へと変容し、5世紀にはゲルマン民族とも融合したと見られる。

375年フン族が大移動を開始、376年以後アラン、西ゴート、東ゴートが玉突き状に民族大移動開始。

378年西ゴート族とのアドリアノープルの戦いでローマ東方帝ヴァレンスが敗死、これを機にテオドシウス帝が台頭することになる。

フン族の王では、ルガとオクタルという名が記録に残っており、オクタルの兄弟がムンディウク(彼自身は王ではない)、ムンディウクの子がブレダとアッティラ。

444年あるいは445年ブレダが殺害され、アッティラが単独統治を開始したと見られる。

当時の東ローマの統治者はテオドシウス2世、アスパル、マルキアヌスら、西ローマはヴァレンティニアヌス3世、ガラ・プラキディア、ホノリア、アエティウスら。

451年ガリアに侵入して、カタラウヌムで西ローマおよび西ゴート連合軍と激突、西ゴート王テオドリックを戦死させたものの、結局撃退される。

アッティラの治世はフン帝国末期にあたり、イメージとは異なり、大きな領土拡張を成し遂げたわけではない。

フン族内部で権力の独占性を高めたがゆえに偉大視されるようになったとも推測される。

当時のフン族を表現する言葉として、「寄生民族」という言葉は不快であり、他の支配民族にも当てはまるものだが、誤りとは言えないとする。

実際、定住政策を採りつつ、東西ローマ帝国から貢納金を取り立てていた。

晩年、皇女ホノリアとの「婚約」を主張して西ローマに侵攻したことのみは、上記の政策に反する、性急な帝国への支配欲に突き動かされた行動だとされている。

ここで側近たちの紹介。

アッティラ以後、歴史の表舞台に現れる人物が結構いる。

まずオレステス。

アッティラ没後、西ローマ帝国の実力者に成り上がり、ネポス帝を廃位し、自身の子ロムルス・アウグストゥルスを登位させるが、結局彼が最後の皇帝となった。

加えて東ゴート王族のウァラミル、テウディミル兄弟。

テウディミルの子が後のテオドリック大王。

後にカタラウヌムでアッティラを破るアエティウスも一時人質としてフン族の中で暮らし、協力関係を結んでいた。

対外関係に付いて、東ローマ外交の屈従ぶりを強調するのは正しくない、アッティラとの協定は長期的には履行されず、結局マルキアヌス帝らの強硬論が台頭することになった、と記されている。

著名なヴァンダル王ガイセリック(在位428~477年)はアッティラと協調関係を保つ。

フン帝国の軍事力を形成したのは、フン族自体の他、東ゴート・ゲピドのゲルマン民族、加えてアラン人とサルマタイ人。

アラマン族は服属せず、ブルグンドとフランクはローマ・フン両派に分かれる。

452年イタリア遠征、教皇レオ1世との交渉後、撤退。

453年何度目かの婚礼の夜に死去。

暗殺はあり得なくはないが、証明は不可能。

アッティラの長子エラクが帝国を継承するが、東ゴート・ゲピド族が反乱を起こし、454年あるいは455年エラク敗死。

あまりにあっけなく、フン帝国は四散、崩壊した。

末子のエルナク、(その子?の)デンギジクも、東ローマと戦って敗死。

(メモが乱雑で、上の一行には間違いがあるかもしれません。)

古代末期の人々に強烈な印象を残し、中世ゲルマン叙事詩の中に歌われており、あれこれとそのヴァリエーションが書かれているが、とりあえず『ニーベルンゲンの歌』だけを見ておけばいいでしょう。

ブルガール人、ハンガリー人の建国神話にも、自らをフン族の末裔とする内容があるそうです。

「アンチ・クリスト」とのイメージがあるアッティラだが、カトリックとアリウス派に過度に攻撃的だったとの証拠は無いとされている。

「ローマ文明の破壊者」としても、ガイセリックに比しても果たしてそうか、と疑問を投げかけている。

アッティラは中央ヨーロッパに生まれて、一生をほぼそこで過ごし、フン族も定住化途上にあり、支配下住民の大半はゲルマン人だった。

よって、アッティラを、チンギス・ハンやティムールのような大遊牧国家建国者と比較するのは適切ではないとしている。

フン帝国は、フン族から支配下民族、フン帝国全体からローマ(特に東帝国)という、「二重の寄生性」の性質を持っており、これが安定的統治を不可能にし、アッティラの死直後の瓦解を説明する。

また、アッティラの政治的行動のうちで、西ローマとの和平破棄が最大の失敗だった、これが東西両帝国および西ローマと西ゴートの協力・結集を促してしまったからだと評されている。

最後に、上記プリスクスの『断片』抄訳が載せられている。

これを使用した、ギボン『ローマ帝国衰亡史』の緊迫感に満ちた叙述が懐かしくなりました。

類書が案外少ない中、貴重ではあるが、翻訳モノということもありやや生硬な感がある。

学術的には正確なんでしょうが、物語性に乏しいので、読んでいて面白くない。

このテーマで、日本人著者によって平易に噛み砕かれた本が欲しいところではある。

訳者によるあとがき等が一切無いのも気になる。

残念ながら、もう一つお勧めする気になれない本でした。

2013年10月8日

仁木英之 『李嗣源  上』 (朝日文庫)

Filed under: 中国 — 万年初心者 @ 08:52

著者については全く知らない。

『僕僕先生』シリーズ著者とのこと。

同じ朝日文庫に『朱温』が収録されていて、そちらの方が明らかに有名人を描いているが、本書の方が短いので選んだ。

タイトル見て、「こんな人物、知らんなあ・・・・・」と思う方が大多数でしょう。

唐滅亡後の五代、二つ目の王朝、後唐の皇帝。

唐末、875~884年黄巣の乱で、突厥が唐側の援軍として参戦。

その突厥沙陀族の長が朱邪赤心(李国昌)で、その子が李克用。

乱鎮圧後の華北では朱温(朱全忠)と李克用が対立する情勢となり、江南は楊行密らが割拠。

907年唐滅亡、同年李克用死去、朱全忠が後梁を建国するが、息子朱友珪に殺され、さらに弟朱友貞が帝位を奪う。

李克用の実子李存勗(りそんきょく)が、契丹の耶律阿保機の圧力を受けながらも勢力を拡大して、後梁を打倒、後唐の荘宗として即位。

五代のうち、真ん中三つの後唐・後晋・後漢は突厥沙陀部の王朝だというのは、高校世界史で習った通りです。

本書主人公の李嗣源は李克用の仮子(養子・義子)であって、荘宗に代わって明宗として即位することとなる。

五代では、最後の後周も太祖郭威、世宗柴栄が養子継承。

本巻の最後の方では、若き馮道が顔を出す。

ここでちょっと話を戻して、北アジア史の復習。

高校世界史で覚えさせられたこととして、755~763年安史の乱では唐朝にウイグルの援軍、875~884年黄巣の乱では同様に突厥の援軍がそれぞれあった、というのがあります。

しかし、北アジアでの遊牧国家興亡の順番は、まずモンゴル系かトルコ系か不明の匈奴・鮮卑・柔然、その次がトルコ系の突厥・ウイグル・キルギス、以後はモンゴル系の契丹・元とツングース系女真族の金・清の覇権交替となる。

つまり、突厥とウイグルは、唐の援軍として来た順序と遊牧国家として台頭した順序が逆になってる。

年代をチェックすると、552年突厥建国、583年早くも東西分裂、630年東突厥が唐に服属、7世紀末西突厥滅亡、744年東突厥も滅亡、以後のモンゴル高原はウイグルの支配下に入っている。

つまり、黄巣の乱で唐を援助した時の「突厥」は、西突厥系統の末裔としての沙陀部であり、すでに北アジアを支配する統一遊牧国家ではなくなっている。

ウイグルも840年にはキルギスによって滅ぼされ、西走してイラン系住民が多数派だった中央アジアに定住してトルキスタンが成立、イスラムに改宗して10世紀半ばにカラ・ハン朝建国、999年イラン系サーマーン朝を滅ぼす、という流れになります。

以上、本書の内容と直接関係無いことをあれこれ書きましたが、実際どうもこの小説から得るところは少ないです。

後半の三分の一くらいからやたら細かい戦況の描写が延々続き、まるで正史の抜き書きを読まされているようで、砂を噛む思いがする。

江南の十国の記述なんかはほとんど不要なんじゃないでしょうか?

読み進めていっても、少しも史実の概略や人物像が頭に入ってこず、歴史小説の役割を果たしていない。

下巻を読むのはやめました。

いくらなんでも中途半端かとも思うが、読むべき本は他に山ほどあるし、古典的著作でもないのに、自分に向いていない本を嫌々読むことに時間を費やせないと判断。

主人公の動向にのみ焦点を絞った叙述で、頭に深く印象付けることにより、基礎事項を着実に記憶に留めてくれるようにしてもらいたい。

田中芳樹氏の中国歴史小説と比べると、技巧的に雲泥の差がある。

私に忍耐力が無さ過ぎるのは事実でしょうが、少なくともどんな初心者にも勧められるという本ではないです。

2013年10月1日

田中芳樹 『天竺熱風録』 (祥伝社文庫)

Filed under: 中国 — 万年初心者 @ 15:58

田中氏の中国歴史小説は何点か紹介済み(『蘭陵王』『海嘯』『奔流』)。

本書は東西交渉史上の人物の一人、王玄策を描いたもの。

この王玄策は、私が高校生だった頃の『新世界史』では脚注で名前が載っていた記憶があるんですが、今の教科書で載っているのはゼロのようです(『世界史B用語集』)。

頭も使わず、集中力も要らず、ボーっとしながら読み通せます。

そう言っても、著者自身があとがきで以下のように書いていますので失礼には当たらないでしょう。

・・・・・[本書は]驚異的な史実にもとづいた、単なる娯楽小説である。ひたすら楽しく読んでいただくことが、作者にとって唯一の望みであり喜びである。

主人公の王玄策は、三度インドに入り、二度目の渡印でヴァルダナ朝ハルシャ・ヴァルダナ(在位606~647年)死後の、都カナウジを支配した王位簒奪者をネパールおよび吐蕃の軍を借りて倒したとされる人物。

ちなみに、ハルシャ・ヴァルダナ在位時に渡印したのが、玄奘三蔵法師。

中国の渡印僧って、結構細かいことまで高校世界史で暗記させられましたよね。

まず、東晋の法顕がグプタ朝チャンドラグプタ2世(超日王)時に行きは陸路、帰りは海路で(ということまで覚えさせられた)渡印、著書は『仏国記』。

唐僧玄奘はハルシャ・ヴァルダナ(戒日王)時代に行きも帰りも陸路で渡印、『大唐西域記』を著す。

同じく唐僧の義浄が渡印したのは北インドの分裂時代、行きも帰りも海路(シュリーヴィジャヤに寄る)、『南海寄帰内法伝』を記す。

インド史の大雑把な流れとしては、アレクサンドロス大王のインダス流域侵入からマウリヤ朝の統一、北のクシャーナ朝と南のサータヴァーハナ朝によるローマと漢を繋ぐシルク・ロードと海の道の交易繁栄、4世紀前半から6世紀半ばまでのグプタ朝の統一(東西の古代帝国たるローマと漢朝の繁栄期からずれて、すでに両者が衰亡していた時期にインド最後の古代帝国が存続したことを少し意識しておく)、そのグプタ朝はエフタル侵入によって衰退、エフタルは突厥とササン朝に挟撃され滅亡、といった具合のことは頭に入れておきましょう。

登場する同時代人は、まず唐の太宗李世民。

享年49才となっていて、さして長命とは言えないんだなとやや意外な印象。

(在位は626~649年だからハルシャ王死後まもなく崩じている。)

功臣の李勣と長孫無忌、次代の高宗に則天武后、帝室一族の文成公主、吐蕃のソンツェン・ガンポ(奇しくも太宗と同じ649年死去)。

なお、他地域の世界史で7世紀前半と言えば・・・・・。

何があったでしょうか?

この時期の世界で大々的に目立っていたのは何と言ってもアレでしょう。

以後の世界史の様相が一変しました。

表面的観察では、古代以来の地域文明圏ごとの歴史で、ヨーロッパによるラテン・アメリカ文明覆滅以上の不連続がこの時期起きた感があります。

ほら、アレですよ。

やたら引っぱりますけど。

すぐ出てきますでしょうか。

ユーラシア大陸の西側で。

そこから生まれて、他地域へも大膨張を遂げ、現在に至る永続的影響を与えました。

そう、イスラムの興隆ですね。

(622年ヒジュラ、632年ムハンマド没。)

一方、西欧ではメロヴィング朝フランクの分裂時代で、特筆すべき事件や人物は無し、あえて言えばグレゴリウス1世(在位590~604年)くらいか。

日本では、聖徳太子から蘇我氏専横、そして大化改新です。

他の田中氏の著作と同じく、本書も極めて読みやすく、気軽に手に取れる。

主人公はそれほどの有名人ではなく、筆致は平凡と言えば平凡だが、別に損をした気にはならない。

気が向いたらどうぞ。

こういう通俗的中国歴史小説は本当に山ほどあるので、何を読むかより何を読まないかが重要です。

著者の作品は、その中でもかなり良質な方だと思います。

しかし考えてみると、中国史は、その気になれば歴史小説だけで全時代の大雑把な概略的知識を得ることが可能なわけです。

そんなの、自国史である日本史以外では考えられないでしょう。

外国の歴史についての通俗的物語がこれだけ有り余るほど存在するというのも、少し考えると不思議な感じがします。

日本人にとっての中国史はやはり、ヨーロッパ人にとってのギリシア・ローマ史みたいな存在なんですねえ。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。