万年初心者のための世界史ブックガイド

2013年9月23日

遅塚忠躬 『フランス革命を生きた「テロリスト」  ルカルパンティエの生涯』 (NHKブックス)

Filed under: フランス — 万年初心者 @ 15:45

遅塚氏は『フランス革命 歴史における劇薬』引用文1)の著者。

カバーの紹介文で「フランス革命史の大家の遺作」とあるのを見て、ああ亡くなったのか、そう言えばかなり前の新聞で訃報欄にお名前が載っていたかなと思う。

ジャン・バティスト・ルカルパンティエという革命家の生涯を通じて見たフランス革命とテロリズムの考察。

はしがきで歴史認識の方法論を述べた後、序章で革命的テロリズムと反抗的テロリズムの区別などを論じて本文へ。

ルカルパンティエは、コタンタン半島(シェルブールを含む)近くの村の、「耕作農民」=中規模以上の農家の生まれ、下級司法官職に就いた後、国民公会議員になる。

国王二体論(自然的身体と政治的身体)の立場から、後者の政治的身体をどう扱うかが問題の核心だとして、ルイ16世処刑に賛成、「国王弑逆者」の汚名を着る。

自由権だけでなく、生存権=社会的デモクラシーの理念を保持。

1793年マンシュ県に派遣され、多くの反革命容疑者を摘発・逮捕し、パリ革命裁判所へ送致する。

ただし、大量処刑を自ら行った、「リヨンの霰弾乱殺者」フーシェや、「ナントの溺殺刑執行人」カリエなどとは同一視できない、と著者は指摘している。

テルミドール反動後に投獄されるが、1795年大赦で出獄。

王政復古後、1816年に大赦法が成立するが、弑逆者で、かつナポレオン百日天下加担者は例外として永久国外追放となり、ルカルパンティエも同様の措置を受ける。

しかし、密かに帰国し潜伏していたところを、1819年に逮捕、現在は美しい観光地だが当時は牢獄として使われていたモン・サン・ミシェルに収監され、1829年に獄死。

その死は七月革命直前であり、あと少し生き延びていれば再び出獄できた可能性が高いという。

著者は、ルカルパンティエが不屈に信念を貫いたことを称える論調で記すが、そう言われても私は特に感慨は持てない。

本書では、この後に二つの「付論」がついていて、実は本文よりこちらの方が興味深い。

付論1「ルソー、ロベスピエール、テロルとフランス革命」。

まずフランス革命の意義を全否定する論調を批判した後、諸学説の紹介。

「ジャコバン学派」とも言うべき流れでは、まずオーラールが周囲の敵に包囲された「軍事キャンプ」論で恐怖政治を説明し、マティエが階級間の「社会革命」としての分析を導入、ルフェーブルは「アリストクラートの陰謀」という観念と「防衛的反作用」という心性を述べ、ソブールは「民衆的テロルの収拾としての恐怖政治」という視点を提出する。

最後のものは、中公新版世界史全集の『アメリカとフランスの革命』の記事で書いたように、パリの民衆運動とジャコバン政権を同一視せず、両者の相克・対立を見逃さない立場のようです。

以上は全て「状況」からの説明と言える。

これに対して著者は、「内面」の論理を重視し、事件と構造の相互作用を観察し、そこにおける「言説」の重要性を指摘。

ルフェーブルの複合革命論、すなわちフランス革命をアリストクラート・ブルジョワ・都市民衆・農民という四者の自律的革命運動の複合体として理解する主張を取り上げ、この構造の中での「共通の利害発見の困難さ」と、それが「排除と自己権力正当化」の言説を導きやすかったことを論じている。

(著者は、「排除の言説」はジャコバン独裁だけでなく、ブルジョワ共和派にも共通しているとし、その例としてル・シャプリエ法[労働者の団結禁止法]を挙げている。)

その際、ルソーの一般意志概念、多数決原理と代議制に対する疑念が悪用された。

なお、フランソワ・フュレら修正派の見解については、聞くべきところがあるとしながらも、著者はあまり高く評価していないようである。

この付論1は、結構面白いと思うんですが、私の曖昧なメモではそれが伝わりにくいですね・・・・・・。

付論2「ボワシ・ダングラース――フランス革命期のあるプロテスタントの生き方」。

ボワシ・ダングラースは穏健共和主義の1795年憲法起草者。

富裕な名望家に生まれ、三部会に選出、中道的立憲派で、国民公会ではジロンド派と山岳派の中間を占める「平原派」に属した。

ルイ16世処刑に反対、監禁と和平確立後の追放を支持。

テルミドール後には信仰の自由保障と政教分離を確立する法令を作成。

1795年4・5月、ジャコバン残党の民衆蜂起が起こり、国民公会議場に乱入した暴徒が議員を殺害、その首を槍先に刺して当時議長だったボワシに突きつけたが、彼は毅然とした態度を示したという。

こうした経験から、無産者による直接民主制の危険性を指摘、有産者による代議制を支持。

王政復古下での「憲章」起草者の一人となり、百日天下後の白色テロに反対、恩赦の取り成しに努力する。

1826年没。

彼は、単なるオポチュニストではなく、フランスにおける「憲政的リベラリズムの父」である、と評されている。

確かに王政復古など万に一つもありえなくなった19世紀末以後のフランスからすれば、左右の過激主義を排して穏健共和主義を貫き、議会主義的デモクラシーと信仰の自由を確立するために努力した人物として、著者自身も含め、最大公約数的な支持を得やすい存在なんでしょう。

しかし、そうして得られた自由が止めどなく低俗化し、伝統的信仰を失った民衆が醜悪な世俗的イデオロギーを狂信し、多数決原理を利用して、前近代社会では決してありえなかった最悪の事態をもたらしたことを我々は知っている(木崎喜代治『幻想としての自由と民主主義』間宮陽介『ケインズとハイエク』)。

そう考えると、こういう誰からも批判されない穏健な人物でも、著者のようには、素直に肯定できない気分が残ってしまう。

やはり、著者とは根本的に考え方の違う部分がある。

1789年については、戦前昭和期についてのメモ その4の後半で書いたようなイメージしかない。

一人物を通じてみた、入門書的なフランス革命史では、伊東冬美『フランス大革命に抗して』の方が良いと思う。

とは言え、読み通して不快感がほとんど無いのは、著者の筆致ににじみ出る、人徳と品格ゆえでしょうか。

決して悪い本ではないと思います。

2013年9月17日

桜井万里子 『古代ギリシアの女たち  アテナイの現実と夢』 (中公文庫)

Filed under: ギリシア — 万年初心者 @ 16:05

1992年出た本に補章を加えて、2010年刊行したもの。

著者は中公新版世界史全集の古典古代の巻の執筆者(の一人)。

古代ギリシア、アテネにおける女性の地位と生活実態を考察した本。

神話、哲学書、文学作品、法廷弁論、碑文、図像、彫刻など、その多くが断片的なものにとどまる史料から分析を行っているのだが、それが実に緻密で感心してしまう(それらの史料で、女性自身の手に成るものは、ほとんど無いにもかかわらず)。

よく知られているように、古代民主政においては、男性成人市民のみが政治を運営し、女性・奴隷・メトイコイ(=在留外国人、ただし解放奴隷を含む)は排除されていた。

本編では、後見人制度、祭祀という公共活動への参加、結婚と婚資(これが妻の地位をある程度保障)、「家付き娘」(息子が得られなかった家の娘)と近親婚制度、離婚と姦通、家庭内労働、女性神官、ヘタイラ(遊女・娼婦)とポルネ(下級娼婦・ポルノグラフィーの語源)、等々が述べられていく。

非市民の女性が従事した職業は、乳母・小売業・助産師・医師・ヘタイラ・ポルネなど。

これら女性たちのネットワークとカウンターカルチャーについても記述あり。

なお、史上有名なヘタイラとしては、ペリクレスの愛人アスパシアが挙げられる。

政治に関してペリクレスにも助言するほどの存在で、彼女とペリクレスとの間の子は特例で市民権を与えられたが、この小ペリクレスはペロポネソス戦争末期の衆愚政治によって、理不尽な形で処刑されてしまった(アテネについてのメモ参照)。

全般的に言って、女性の地位は貴族政時代の方がむしろ高く(民主政時代にも、公共活動中、祭儀にだけ参加できたのはこのなごり)、民主政が確立し市民団の結束が固まる一方で同時にその閉鎖性も強まるにつれ、低くなる傾向にあった。

本書で触れられている具体的エピソードのうち、以下一点だけ紹介。

前440~439年サモスでの反乱鎮圧後、帰国したペリクレスが戦死者葬送演説で民衆に感銘を与え、称賛されている中、ミルティアデスの娘で貴族派の領袖キモンの姉エルピニケが、

「ペリクレス様、今度のことは誠に御立派で花冠ものですわ。でも私の兄弟キモンのようにフェニキア人やペルシア人と戦うのではなくて、盟友しかも同族の国をお滅ぼしになったのですね」

と堂々と述べたという、プルタルコスが伝える逸話が非常に印象的。

(ただしキモンが異民族とのみ戦ったというのは事実ではないとのこと。)

他には、法廷弁論から再現される女性の人生が2例ほど紹介されているのだが、それも滅法面白い。

全体的にみて、非常に良い。

予備知識の無い高校レベルの初心者でも十分楽しめる。

読みやすく2、3日で通読可能。

こういう社会史関連の本は面白くても「評価3」にすることが多いが、これはあえて「4」を付けます。

2013年9月10日

白戸圭一 『日本人のためのアフリカ入門』 (ちくま新書)

Filed under: アフリカ — 万年初心者 @ 15:23

純粋な史書ではないが、少しでも手薄なカテゴリを補充するために・・・・・と、これじゃ服部正也『ルワンダ中央銀行総裁日記』(中公新書)と同じ口上だ。

著者は毎日新聞の記者の方。

日本人のアフリカ認識の歪みや固定観念の再検証を促す本。

体系的な構成にはなっていないが、有益な本。

第1章、あるバラエティ番組から見て取れる、日本人のアフリカへのステレオタイプを指摘。

海外メディアの日本報道を見て、酷いなと思うことはもちろんあるが、日本人自身の外国観もあまりにしばしば固定的イメージに囚われたものが多いと自省させられる。

第2章、アフリカ報道の検証。

少し前の新聞紙上でよく報道されていたテーマである、スーダンのダルフール問題、ジンバブエのムガベ政権による土地収用とハイパーインフレなどについて。

もう一つ挙げられている例が、ケニア大統領選挙における不正と混乱についての報道。

アフリカでの政治紛争に関して、極めて頻繁に持ち出される「部族対立」というステレオタイプを指摘し、このケニアの場合、キクユ人vs他民族という図式で単純化できない状況であるとしている。

ここの説明はわかりやすく、とても鮮やかに感じる。

第3章、日本のアフリカ外交。

日本が主導して、1993年初めて開催された、アフリカ開発会議「TICAD」について。

以後も5年ごと開催。

今年も確か開催されて、ニュースになってましたかね。

続けて、中国の外交的浸透と2005年の国連安保理改革の失敗。

1963年アフリカ統一機構(OAU)とそれが発展的に解消して2002年に結成されたアフリカ連合(AU)は、しっかりチェック。

なお、AUにはモロッコだけが加入していないそうである。

これは西サハラ問題からか?

教科書や史料集に載ってるような地図では、南西アフリカにある、独立前のナミビアがそうだったように、西サハラは白地になってますね。

第4章、アフリカを参照した日本の姿、鏡としてのアフリカ。

かつて著者が赴任・駐在していた南アフリカ共和国を例に挙げる。

確固たる地域大国であり、サハラ以南のアフリカのGDPのうち、一国だけでその4割を占めるそうだが、一方で経済的格差の拡大、汚職、治安悪化などの問題がしばしば伝えられる。

ここで著者が示すデータや、その感想は非常に面白く興味深い。

最後の「アフリカについて勉強したい人のための10冊」も良い。

初心者向けに、思い切って冊数を絞っているのが非常に適切。

その中には、最初に該当記事をリンクした『ルワンダ~』と『新書アフリカ史』(講談社現代新書)があった。

たまたま目に付いたので読んでみたのだが、事前に思っていたよりもはるかに面白かった。

文章も巧いのでスラスラと一気に読める。

1日で余裕。

テーマから予想されるのとは異なり、著者の見解は決して押し付けがましくない。

日本人の、アフリカに対する「偏見」を一方的に非難・弾劾するという調子ではないので、素直にうなづける。

歴史書とは言えませんが、強くお勧めします。

2013年9月1日

増田義郎 『黄金の世界史』 (講談社学術文庫)

Filed under: アジア — 万年初心者 @ 16:01

この方は『古代アステカ王国』『インカ帝国探検記』などラテン・アメリカ関係、『太平洋 開かれた海の歴史』などオセアニア関係、加えて本書のようなどこにカテゴライズしていいのか迷うものまで(結局アジアにしましたが)、幅広い作品を書かれておられるようです。

(さらにマクニール『世界史』の訳者の一人でもありましたね。)

何が専門かと言うと、たぶんラテン・アメリカ史になるんでしょうが、広い範囲で執筆活動をされていること自体が優れた学者さんである証拠なのかも。

本書は、世界各地の古代文明における金・銀など貴金属の役割を紹介してから、地中海・インド洋世界での交流、大西洋時代への移行と近現代経済史の概説へと進む構成。

より具体的には・・・・・・書くことが無い・・・・・・。

断片的な記述でポイントがつかみにくい。

以下、いい加減で適当なメモ。

古代オリエント文明について、メソポタミアでは商業が大いに繁栄したのに対し、エジプトは閉鎖的で商業低調。

アレクサンドロス大王の東征以後、紀元前3世紀という時期に、ローマによるカルタゴの覇権打破、パルティア建国、マウリヤ朝アショーカ王即位、秦の中国統一という変動が起こり、そこからユーラシアの相互交流が活発化。

秦漢帝国とローマ帝国を比較した場合、人口でも生産力でも中国が優位にあったと記されている。

唐とイスラムによる東西交流が宋・元代の高度成長につながる。

西アフリカの金産出に触れた後、近代大西洋時代の記述へ。

アステカ・インカ征服による、西欧の金銀獲得。

16世紀半ばにペルー・メキシコの大銀山が開発、同時期日本も世界有数の銀産出国だったこともチェック。

それによってもたらされたとされる、いわゆる「価格革命」の真偽についても検証。

(価格革命については、玉木俊明『近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ』(講談社選書メチエ)を参照。)

17世紀末よりブラジルで金発見。

この金は主に、1703年メシュイン(メシュエン)条約を結び、ポルトガルを経済支配していたイギリスの手に渡る。

1848年カリフォルニアのゴールド・ラッシュ、1851年オーストラリア、以後もアラスカ、カナダ、南アフリカで同様の事態が生じる。

19世紀から第一次世界大戦まで標準的な通貨制度となった金本位制だが、まず19世紀初頭のイギリスが採用。

他の主要国はそこからかなり遅れる。

1872年ドイツ、74年オランダ、78年フランス、79年アメリカ、97年ロシアと同時に日本も確立。

金本位制自体の評価はひとまず措いて、イギリスだけが突出して早く、あとは日本を含め、全てどっこいどっこいである。

高坂正堯氏が明治維新は「ジャスト・イン・タイム」だったと書いていたのを思い出した(引用文(高坂正堯2))。

これでメモは終わりです。

ちょっと私には良さが汲み取れない。

難解な部分は全く無いのだが、漠然とした内容が多く、まとまった、実のある知識が仕入れにくい。

楽に読めますが、あまりお勧めはしません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。