万年初心者のための世界史ブックガイド

2013年8月21日

井上寿一 『戦前昭和の社会  1926~1945』 (講談社現代新書)

Filed under: 近代日本 — 万年初心者 @ 15:30

井上氏の著作では、『昭和史の逆説』『吉田茂と昭和史』『山県有朋と明治国家』を紹介済み。

戦前と現在の社会を対比し、その類似点を探る。

(1)アメリカ化、(2)格差社会、(3)大衆民主主義の三つの視点から考察。

取り上げられる具体的事例では、デパート、アパートなどの住生活、映画、家庭電化製品の普及。

続いて、モダンガール、女性参政権運動、就職難、プロレタリア文学と左翼運動の挫折、エロ・グロ・ナンセンスの世相、政党政治への失望。

農民運動高揚、国防婦人会結成、新興宗教流行など騒然とする世相の中、カリスマ待望論が世論の中で広まり、ラジオという最新メディアが近衛文麿という高い支持を受ける指導者を作り上げる。

また、同様に当時登場した新メディアである写真ニュースが親枢軸国世論の盛り上がりをもたらす。

本書の叙述から(私が個人的に)読み取れる戦前昭和の社会は・・・・・・。

自由な消費生活を謳歌する民衆があり、彼らは決して国家の既成統治層の言いなりとなり一方的に動かされるような存在ではない。

民衆は、あくまで主体的に活動し、極左的社会主義から極右的国粋主義にまで揺れ動く。

そして半ば自らがもたらした混乱に耐え得なくなると、かつて自らが非難したよりもはるかに劣悪な指導者(近衛・軍部)の胸に飛び込む。

盧溝橋事件後、民衆世論は無分別な強硬論一色となり、戦時体制下での「下方平準化」による格差是正を支持することとなる。

やはりこの方の本は面白い。

まずハズレは無い。

テーマや形式からすると、私の中心的関心から逸れかねないのだが、それでも十分楽しめた。

本書を特に、というわけではありませんが、読んでも損は無いはずです。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。