万年初心者のための世界史ブックガイド

2011年6月14日

戦後昭和期についてのメモ その1

Filed under: おしらせ・雑記, 近代日本 — 万年初心者 @ 06:00

正村公宏『日本の近代と現代』(NTT出版)の記事続き。

戦後史の部分では、著者の本業からか、この手の概説にしてはやや詳しい経済史が記されている。

特に難しくないので、普通に読める。

著者は戦後日本の経済的成功を認めながら、その問題点を以下のように語る。

日常用語における「成長」(growth)は数量の増加だけを意味しない。ある人間について「成長した」という評価が語られるときは理解力・判断力・適応力・行動力・包容力などの総体が認識されている。「開発」あるいは「発展」(いずれも英語ではdevelopment)は個人についても社会についてもいっそう明確に総合的評価を含む言葉として使われている。しかし、ある国の経済活動の水準を示す指標として国内総生産または国民総生産の推計量が重視されるようになり、成長という言葉が狭く理解される傾向が強まった。組織のあり方や人的資源の蓄積が議論の背景に退き、社会の構造や生活の質の変化が議論されない傾向が強まった。

そして高度経済成長期が終わり、中成長時代に移行した70~80年代に、輸出産業の国際競争力強化と成長率維持を優先目標とする後発国型制度体系から脱却できず、社会保障制度整備・教育制度充実・環境保護・住宅建設などの施策とそのための公正な国民負担を問題提起できなかった政治の責任を厳しく指摘している。

こうした立場から、著者は80年代中曽根内閣による新保守主義的(新自由主義的)政策と行政改革路線に批判的態度を示している。

前回記事の最初に書いた同著者の『経済学の考え方』では、確かマルクス経済学に対する厳しい批判だけが印象に残っていただけで、著者がこういう立場の方だということは、不覚にも全く気付いていなかった。

また、近現代を通じる日本政治の問題点を以下のように指摘。

危機の時代に民主制を機能させるためには、国家および社会が直面している問題を読み解き、有効な制度と政策を構想し、改革の必要を説いて国民の多数を獲得しようと努力する政治主体の存在が不可欠である。しかし、現代においてはマス・デモクラシーのポピュリズム(populism)とマス・コミュニケーションのセンセーショナリズム(sensationalism)の相乗作用が民主制の機能不全を強めている。ポピュリズムは政治家が国民の目先の関心に迎合して票を集めようとする動きであり、センセーショナリズムは各種のマス・メディアが意図的に人々の関心をあおることによって新聞の発行部数やテレビの視聴率を引き上げようとする動きである。

ポピュリズムとセンセーショナリズムの破壊作用は、日本の近代の不完全な民主制のもとでも顕著であり、国民を破滅的戦争へと導く重要な要因になった。それは、現代においても、外交政策と経済政策と社会政策の選択をめぐる建設的議論の組織を致命的に阻害している。

加えて、経済体制をめぐる以下の意見、特に赤文字で引用した部分には衷心から同意したい。

1990年前後の世界史の諸事件を「社会主義に対する資本主義の勝利」と考えるのも軽率である。敗北が確定したのは社会主義のひとつの分流であるコミュニズムというイデオロギーである。民主制のもとでの漸進的改革を追求したヨーロッパの社会主義(民主的社会主義/社会民主主義)の勢力は重要な成果を記録した。現代の多くの先進国の政府は、自由民主主義と社会民主主義、政治的民主主義と経済的民主主義の組み合わせを、追求するようになっている。

両体制の対立のいちおうの終結によって確定したのは、古典的な資本主義(資本家が支配する体制)の優越ではなく、多かれ少なかれ社会民主主義の諸制度を組み込むことによってつくりかえられた混合型の社会経済体制の優越である。混合(mix)という言葉は曖昧に響くが、20世紀の深刻な歴史的経験は、混合型の経済体制こそが社会が直面するさまざまな問題を最小の犠牲と費用によって解決する道筋を用意する可能性をもつことを証明している。・・・・・・

特定の単一の原理にもとづいて社会のすべての問題を解決することができるという原理主義的思考(イデオロギーになりやすい思考)から脱却しなければならない。社会生活のすべての側面を市場にまかせる原理主義も、社会生活のすべての側面を国家の指令によって処理する原理主義も、社会を破滅させる。原理主義的思考を避け、個々の問題ごとに、原因究明と状況理解のための周到な努力を積み重ね、民主制のもとで議論を尽して合意形成をはかる必要がある。

やたら広い叙述範囲を一冊にまとめた概説の割には、はっきりした特色があって良い。

その史観については隔靴掻痒の感が否めない部分もあるが、重要な指摘も含まれていると思う。

これなら十分初心者に勧められます。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。