万年初心者のための世界史ブックガイド

2010年4月6日

中谷臣 『世界史論述練習帳new』 (パレード)

Filed under: 教科書・年表・事典 — 万年初心者 @ 06:00

発行はパレード、発売は星雲社。

東大、京大、一橋、筑波などの論述試験対策の参考書。

問題を実際解いたわけではないが、読んでいくと結構面白い。

まず問題文が要求しているものを厳密に読み取ることから始めて、簡単な概念図である「構想メモ」を作り、そこですぐには思いつかない空白の部分を、基本的に教科書にある知識だけで埋めていく説明過程が、非常に興味深い。

挙げられている例題では、第11問「唐から宋への時代の政治・軍事制度の変化」(京大)、第13問「西ヨーロッパ・イスラム・南アジアの10~17世紀の政治体制の変化を略述」(東大)、第32問「“古代”“中世”“近代”というヨーロッパ史をモデルに設定された時代区分をイスラム世界に適用した場合の“中世”という時代の政治体制・思想状況の特徴を『マムルーク』『スーフィー信仰』という言葉を使って述べる」(一橋)などが非常に面白かった。

末尾別冊の「基本60字」は盲点となる史実や歴史の因果関係を簡潔に記してあり、知識の整理・確認のために大変有益。

加えて、補足説明では時にはっとするほど鋭い指摘がある。

一部首を傾げたり、納得しにくいようなところがあるが、基本的には良い。

社会人が読んでも役に立つ本。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。