万年初心者のための世界史ブックガイド

2009年6月28日

桜井啓子 『シーア派 台頭するイスラーム少数派』 (中公新書)

Filed under: イスラム・中東 — 万年初心者 @ 06:00

イラク戦争後の混乱が泥沼化していた2006年刊。

著者は岩波新書から『現代イラン』などの本も出している方ですが、同じ女性のイスラム研究者の酒井啓子氏と名前が妙に似てますね。

本書の構成として、冒頭から半分弱ほどがシーア派の歴史的来歴を語る部分で、残りで20世紀以降の展開が述べられている。

最初にまず現在のシーア派人口分布が載せられている。

中学以来、シーア派と言えば、「=イラン」で済んでいた。

イラクは支配層はスンナ派だが、住民の過半はシーア派だなんてことは、高坂正堯『外交感覚』を読んで初めて知った豆知識といった程度の認識だったのが、ブッシュ・ジュニアが滅茶苦茶やったお陰で広く知られる事実となってしまった。

他には、ペルシア湾岸の島国バーレーンがシーア派人口50パーセント超で、レバノン・クウェート・パキスタンも比率が高い。

さらにアゼルバイジャンが6割超と書かれているのを見て、「ええーっ」と思ってしまうが、イランと地続きで、イランからロシア支配下に編入されたことを考えると別に不思議でもないかと思い直した。

シーア派信仰におけるイランの地位は必ずしも絶対的なものではなく、アリー以下のイマームの墓廟も、サウジがメディナの一ヶ所、イランが東北辺境にあるマシュハド一ヶ所なのに対して、イラクにはバグダード南にあるカルバラ(第3代フサイン)、さらに南のナジャフ(初代アリー)、北部のカーズィマインおよびサマラと四ヶ所存在する。

また、サファヴィー朝成立時点では、イラン人の多くは依然スンナ派だったと書かれているのは新鮮。

なお、イラク南部のシーア派住民について、18世紀半ば以降のアラビア半島でのワッハーブ派運動から逃れてきた部族が集団でスンナ派から改宗したが、そうした人々も多く含まれていると書いてあったのが記憶に残った。

サファヴィー朝とオスマン朝、両国の衰退の間を縫って、バザール商人や商工集団などの支持を得て国家から相対的に独立した地位をシーア派聖職者が占めるようになり、その中から19世紀半ばマルジャア・アッ・タクリード(模擬の源泉)と呼ばれる最高権威が生まれる。

20世紀に入ると、これまでシーア派信仰の中心だったナジャフが非アラブ系の神学者や学生が増加したことにより、反って求心力を失い、スンナ派ハーシム王家の下でイラクが独立し、シーア派が国家建設から排除されたこともあって、ナジャフの地位はイランのコムに奪われる。

このコムからイラン・イスラム革命の指導者ホメイニが出ることになりますが、その「イスラム法学者の統治」という理論については、ホメイニ以外に並立する他のマルジャア・アッ・タクリードの中には否定的に捉える者も多かったと書かれてある。

後半部は、イラン革命という一大事件を軸に、各国の情勢を総覧していく記述。

ホメイニ治下のイランが試みた「革命の輸出」は失敗し、各国のシーア派の中でもイランから距離を置く勢力が主流となる。

インド・パキスタンやサウジ東部のシーア派など、あまり知られていない少数派運動を紹介してくれているところは貴重。

『ムガル帝国から英領インドへ』で少し触れた、アウラングゼーブ死後独立したアワド王国がシーア派だったとか、パキスタン指導者のズルフィカル・ブット(任1971~77年。この前暗殺された女性政治家の父親)がシーア派出身だったとかは本書で初めて知った。

イラクでは、サドルとかハキムとかスィースターニー(シスタニ)とか、新聞の国際面を眺めてると時々お目にかかる名前が載っているので、読めば非常に参考になります。

面白い。

難解な教義について深入りしてゴチャゴチャ述べた本ではなく、高校レベルからでもすんなり入っていける叙述。

巻末の人名・事項索引が親切で便利。

前半の前近代史と後半の現代史の部分のバランスが良好。

前半の記述は必要にして十分な知識を無理せず与えてくれるし、後半は複雑で微妙な地域情勢理解のために有益な情報を豊富に提供してくれる。

相当優れた入門書であろうかと思います。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。