万年初心者のための世界史ブックガイド

2009年4月20日

フランク・レンウィック 『とびきり哀しいスコットランド史』 (ちくま文庫)

Filed under: イギリス — 万年初心者 @ 06:00

これもずいぶん前から存在には気付いていたが、そのまま放置してあったもの。

森護『スコットランド王国史話』(中公文庫)を読むのが面倒なので、まず簡略なこれを読んだ。

先史時代から1707年アン女王治下の大ブリテン王国成立までのスコットランド通史。

各章が2、3ページと短く、ユーモアとおふざけの入った文体に挿絵多数と、非常に取っ付きやすい形式。

しかし、その分さらっと読むだけでは何も頭に残らない恐れがある。

これだけを読んで、国王の系譜を憶えるのは相当難しい。

王家の系図や年表が無いのも不親切。

特に前者は是非付けて欲しかった。

登場人物のうち、マルコム2世、アレグザンダー3世、ウィリアム・ウォレス、ロバート・ブルース、ジェームズ1世(英国王ジェームズ1世[スコットランド王としては6世]の祖先)、メアリ・ステュアートなどを憶えればいいんですかね。

楽に読めたが、あまり得たものがない。

やはり上記の森氏の本を読んだ方がいいのかな。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。