万年初心者のための世界史ブックガイド

2008年9月24日

吉成薫 『エジプト王国三千年』 (講談社選書メチエ)

Filed under: オリエント — 万年初心者 @ 06:00

統一国家形成からプトレマイオス朝までの古代エジプト史。

図書館でたまたま見かけて立ち読みしたところ、かなり面白そうだったので買ってみました。

冒頭から三分の二が通常の通史であり、残り三分の一が文化史に当てられており、なかなかバランスの取れた構成。

しかし、読んだ感想は、「決して悪くはないが期待した程でもなかった」といったところ。

前半の政治史の部分に、やや省略と粗さを感じる。

中公新版第1巻『人類の起源と古代オリエント』のエジプト史の章に比べるとやや落ちる気がする。

大部の本ではないが、一応エジプトだけを対象としているのだから、もう少し細かなところまでフォローしてくれればもっと良かったのにと思いました。

しかし、42ページから44ページにある年表は良く出来ている。

主要な王朝名と王名を組み込んだ年表で非常にわかりやすい。

本文を読みながら参照したり、後で眺めて復習したりすれば、極めて有益。

文化史の章では、私の苦手な暦の話があって理解しにくかったり、文芸作品のタイトルとあらすじがズラズラ並べられていたりと、やや苦しい部分もありましたが、古代エジプト人の生活を知る上で、読めばそれなりに役立つでしょう。

必読とまでは言いませんが、まあまあの内容を持つ本ではないでしょうか。

以下、私的備忘録。

前3000年頃 初期王朝時代 第1王朝メネス(ナルメル)王エジプト統一

前2650年頃 古王国時代

前2550年頃 第4王朝 クフ、カフラー、メンカウラー王の三大ピラミッド

前2200年頃 第一中間期 州侯割拠 ヘラクレオポリス侯とテーベ侯の対立

前2040年頃 中王国時代 第11王朝 メンチュヘテプ2世による全国統一

前1991年頃 宰相のクーデタにより第12王朝成立 アメンエムハト1世

前1780年頃 第二中間期

前1650年頃 ヒクソスの第15王朝

(本書ではヒクソスは突発的な侵入・征服ではなく、傭兵などとして徐々にエジプト社会に浸透した末にクーデタで王権を奪取したという解釈がなされている。)

前1540年頃 新王国時代 第18王朝イアフメス王がヒクソス放逐

前1500年頃 トトメス1世、ユーフラテス河畔まで進出

前1470年頃 トトメス3世、義母ハトシェプスト女王に代わって単独統治開始 アジア遠征 ミタンニと戦う

前1360年頃 アメンヘテプ4世(アクエンアテン)によるアマルナ宗教改革

前1345年頃 トゥトアンクアメン(ツタンカーメン)王によるアメン信仰復興

前1305年頃 ラメセス1世 第19王朝開始

前1285年頃 ラメセス2世 カデシュでヒッタイトと戦う

前1070年頃 末期王朝時代

前950年頃 リビア系のシェションク1世、第22王朝樹立

前730年頃 ピイ王率いるクシュ人侵入、第25王朝成立

前671年 アッシリア王エサルハドン侵入 その後アッシュル・バニパル王も侵入

前655年 プサメティコス1世、第26王朝樹立 アッシリアから独立

前525年 アケメネス朝カンビュセス2世侵入

前404年 第28王朝のアミュルタイオス王、ペルシアから独立

前341年 ペルシア王アルタクセルクセス3世、エジプト再征服。

前332年 アレクサンドロス大王、エジプトを占領。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。