万年初心者のための世界史ブックガイド

2008年8月27日

染田秀藤 『インカ帝国の虚像と実像』 (講談社選書メチエ)

Filed under: ラテン・アメリカ — 万年初心者 @ 06:00

タイトルが実に面白そうなので、取り寄せて読み始める。

しかし冒頭からスペイン人が書いた数々の記録文書の紹介が続く。

それぞれの著者の立場がその記述にどう反映しているかや、そうした文書が描き出すインカ文明像を検討しているのだが、では現実のインカ帝国の実像はどうだったのかという話は最後の第四章まで出てこないので、ちょっと辛い。

通常の形式のインカ帝国史またはインカ征服史とは言い難く、使いにくい本。

増田義郎『インカ帝国探検記』(中公文庫)をまず読むべき。

上記の本を読んで、余裕があればどうぞといった感じ。

特に面白くもなく、強くはお勧めしません。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。