万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年12月8日

蝋山芳郎 『インド・パキスタン現代史』 (岩波新書)

Filed under: インド — 万年初心者 @ 06:00

初版が1967年と非常に古い。

第三次印パ戦争(71年)前なので、当然バングラデシュは存在せず、本書の中では「東パキスタン」のままです。

しかし第二次大戦後の南アジア現代史として稀少価値があるだろうと思って手に取ったら、イギリスによる植民地化から叙述が始まっていた。

目次でそれを見た瞬間「こりゃハズしたかな」と思ったが、気を取り直して通読。

前半部はどうと言うことの無い文章が続くだけで全然面白くない。

後半になってやっと印パ分離独立後の歴史に入るがこれも詰まらない。

パキスタンの内政に関する話にやや新味があるが、それも少なすぎる。

半日で読める本であまり損した気はしないが、得たものは殆ど無い。

特に読むべき本とも思えませんでした。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。