万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年10月17日

黒川祐次 『物語ウクライナの歴史』 (中公新書)

Filed under: ロシア, 東欧・北欧 — 万年初心者 @ 06:00

最近中公新書ばっかりですね。

楽に読めるもので冊数を稼いで誤魔化してるという面は確かにあるんですが、以前書いたように世界史初心者にとって中公は新書も文庫も宝の山ですからある程度は仕方ありません。

本書も非常に良く出来てる。

単独では馴染みの無い国の歴史を、高校世界史でも扱われている周辺国の有名史実と組み合わせて面白く読める通史に仕上げている。

特定の時代に偏ることもなく、スキタイ族が史上初の遊牧民族として活動していた古代から、ソ連崩壊後の独立国家樹立までを満遍なく叙述しており、適切な知識を得られる。

ロシアの起源としてのノヴゴロド公国から派生したキエフ公国はウクライナの起源でもあり、むしろその後の歴史の経緯と史家の解釈によってロシアに「奪われた」という見方が紹介されており、なかなか面白い。

中世および近世での、リトアニア・ポーランドとの闘争やコサック勢力の自立を経て、ロシア・オーストリア両帝国に服属する過程も興味深い。

ただ、この国の現代史は悲惨としか言いようが無い。

ロシア革命後の独立も束の間、ドイツ・ポーランド・デニキンのロシア白衛軍・ボリシェヴィキと赤軍などの外部勢力が侵攻し大混乱に陥る。

国内でも主流の独立派社会主義者とマフノ率いるアナーキスト農民軍の内部対立が激しく、民族団結の核も存在せず、結局最も過激で狂信的なボリシェヴィキが他の勢力を各個撃破しウクライナ全土を支配下に入れる。

スターリン時代には大粛清と農業集団化による人為的大飢饉で恐るべき犠牲者を出し、独ソ戦では国土の大半を破壊された。

長い抑圧と屈従の果てに、ようやく1991年ソ連共産党クーデタ失敗を受け独立を達成する。

いやー、面白い。

著者は元駐ウクライナ大使の外交官であり、悪い意味で学者的ではなく、叙述のレベルも適当で初心者でもわかりやすい。

しかしこの『物語~の歴史』シリーズは本当に使えますねえ。

これを最初に企画した編集者を強く賞賛したいです。

もっともたまにはハズレもありますが。

イランとかスペインとかアメリカは今出てるものを絶版にして、新しい著者でもう一度出してもらえないかと思うくらいです。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。