万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年10月8日

原随園 『アレクサンドロス大王の父』 (新潮社)

Filed under: ギリシア — 万年初心者 @ 06:00

ギリシア史のカテゴリもヘロドトス、トゥキュディデスなど古典を除けばショボ過ぎる。

前から気になっていたこれを読んで、少しでも数を増やす。

タイトル通りフィリッポス2世の評伝。

息子の陰に隠れがちでマイナー感が拭えないが、アレクサンドロスの大遠征の基盤固めをした名君の治世をかなり詳細に記述している。

驚くほど面白いというわけでもないが、あまり知られていない人物だけに史実の経緯をやや詳しく書いているだけでもそこそこ興味深い。

1974年に新潮選書の一冊として出た本でかなり古いが、ギリシア史の啓蒙書としてはなかなか良いのではないでしょうか。

あと大王死後のディアドコイ戦争の経過を詳しく書いた本がないか探しているところです。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。