万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年9月10日

塩野七生 『ローマ人の物語 24・25・26 賢帝の世紀』 (新潮文庫)

Filed under: ローマ — 万年初心者 @ 06:00

トラヤヌス、ハドリアヌスの二帝と最後にアントニヌス・ピウス帝の治世を軽く付け加えた巻。

前の巻よりは面白い。

五賢帝といっても、著者の中では「二賢帝」らしく、トラヤヌス・ハドリアヌスの評価だけが際立って高い。

特にハドリアヌスはアウグストゥスに次ぐほどの評価で絶賛に近い。

この巻で9巻目だが、まだ五賢帝時代も終わらないのか、相変わらずペース遅いなあと、刊行当時は思ったのだが、なんだかんだ言ってピッタリ収まったのだから不思議だ。

なかなか手堅く仕上がった巻です。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。