万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年8月31日

有賀貞 編 『新版 概説アメリカ史』 (有斐閣)

Filed under: アメリカ — 万年初心者 @ 06:00

主要国の各カテゴリを眺めてると、どうもアメリカが特に弱いような気がする(あとイギリスも)。

個人的にこの分野の基本テキストと考えているアンドレ・モロワ 『アメリカ史 上・下』 (新潮文庫)をしっかり読み込んで、全ての大統領の任期順と大体の業績を頭に入れれば、かなりの知識量にはなるが、通史がそれだけというのはやや心もとない。

そう考えていたところ、大学に入ったばかりの頃にこれを買ったのを思い出した。

確か最後まで通読したはずである。

しかし内容は全く記憶に無い。

以前にも書きましたが、こういうありきたりの教科書的な本を多く読んでもあまり充実感はない。

物語として面白くないことには読み進みにくいし、読んだ後、頭にも残らない。

人にも依るでしょうが、世界史のどんな分野に限らず、私はこの種の本はあまりお勧めしません。

その他のアメリカ通史というと、サムエル・モリソン『アメリカの歴史 全5巻』が十年ほど前、集英社で文庫化されたが、買おうかどうか迷ってるうちに品切れになりました。

立ち読みしたところ、どうも是非読みたいと思わせるものがもう一つ少なかった気がした。

ポール・ジョンソン『アメリカ人の歴史 全3巻』(共同通信社)は以前記事にした『現代史 上・下』の著者だけあって癖が有りすぎるという感想を持った。

最近上巻だけ文庫化されたロデリック・ナッシュ『人物アメリカ史』(講談社学術文庫)もどうもいまいち。

重要人物の伝記を積み重ねて通史を物語るという形式は面白いのだが、現代の視点からの当たり障りの無い史観でまとめられており、手堅いと言えばそうだが、個人的にはどうも斬新で感心させられる叙述は少ないような気がする。

古い本だが、チャールズ・ビーアド『アメリカ合衆国史』(岩波書店)はまあまあ良さそうだが、読むのに少々骨が折れる。

『新書アメリカ合衆国史 全3巻』(講談社現代新書)は内容が粗いように思われるし、文章が退屈。

各種世界史全集のアメリカ史該当巻も中公旧版『新大陸と太平洋』を始め、いろいろ出てますが、読書意欲を強くそそられるものはあまり無いように思える。

他にもいろいろあるでしょうが、今のところ自分の目で確認したのは以上です。

贅沢言って、あれこれケチつける暇があったら一冊でも多くの本を読めばいいのかもしれませんが。

何か新しいものを通読したら、また記事にします。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。