万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年6月30日

三笠宮崇仁親王 『ここに歴史はじまる (大世界史1)』 (文芸春秋)

Filed under: オリエント — 万年初心者 @ 06:00

文春「大世界史」シリーズの古代オリエント史。

ごく平易な作りで読みやすい。

私のような初心者向き。

ただ紙数が少なめなので河出文庫版『古代オリエント』と比べるとやや物足りなく感じてしまう。

教科書で大まかな史実を掴んだ後読む本としては、河出版よりこちらを先に読んだ方がいいかもしれない。

なお本書は『文明のあけぼの』と改題されて集英社から2002年に再版されている。

まだ新刊として手に入るのは有難いのですが、値段はかなり高め。

他の「大世界史」シリーズのように講談社学術文庫に入ればより良かったんですが。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。