万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年5月31日

ポンペイウス・トログス 『地中海世界史』 (京都大学学術出版会)

Filed under: ギリシア, ローマ — 万年初心者 @ 06:00

ギリシア・ローマの古典すべてを邦訳するという、とんでもない企画である西洋古典叢書の第一期刊行分の中の一冊。

果たして私が死ぬまでに完結するんだろうか。

帝政ローマ初期の歴史家トログスが書いたオリエントおよび地中海世界の通史をビザンツ帝国の歴史家ユスティヌスが抄録した作品。

買いはしましたが、ものの見事に挫折しました。

しばらくして売り払い、再挑戦の機会が無いまま。

このシリーズでは、トゥキュディデス『戦史』の記事で書いた通り、クセノフォン『ギリシア史』も取り組んではみたが、即挫折。

他に私が読めそうなものはというと、『ローマ皇帝群像』(原題『ヒストリア・アウグスタ』)くらいか。

これは正体不明の数人の著者(実は一人との説もある)が書いたハドリアヌス帝から軍人皇帝時代を描いた伝記作品。

信頼性に問題はあるが、史料が少ない3世紀のローマ帝国の重要文献であり、ギボン『ローマ帝国衰亡史』の第一巻の主要なタネ本らしい。

刊行前から出たら絶対読もうと思っていたのだが、店頭に並んだものをいざ立ち読みしてみるとどうも思っていたほどの面白さが感じられなかったので、未だに読めないまま。

結局これまでのところ、この叢書でちゃんと通読したものはゼロ。

今は、「背教者」ユリアヌスの治世を記述し、タキトゥス以降最高のラテン史家と言われるアンミアヌス・マルケリヌスの訳書が出るのを気長に待っています。

一体いつになるのか見当もつきませんが。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。