万年初心者のための世界史ブックガイド

2007年2月4日

バワーソック 『背教者ユリアヌス』 (思索社)

Filed under: ローマ — 万年初心者 @ 06:01

確か著者はアメリカの大学のローマ史研究者。短いので簡単に読めます。

当時の史料に丹念に当たって、後世様々な評価とイメージが貼り付いたユリアヌスの実像に迫ろうとしている。

著者の姿勢は相当ユリアヌスに批判的である。

「異教の聖人」といったイメージを否定し、当時の帝国にいたずらな混乱をもたらした人物という評価を下している。

その点、ギボンの本や辻邦生の小説でユリアヌスファンになった人が読むと不愉快になるのは間違いないのでご注意。

私もユリアヌスに対して強い好意を持つものだったが、本書を読んで、まあこういう見方もあるのかなと思った。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。