万年初心者のための世界史ブックガイド

2006年12月5日

E・H・カー 『歴史とは何か』 (岩波新書)

Filed under: 史論・評論 — 万年初心者 @ 06:33

歴史哲学・歴史思想の本として有名なので読んではみたが、論旨がゴチャゴチャしていてややわかりにくい。

アマゾンのレビューでは清水幾太郎の翻訳が悪いと書いてあるが、私には判定不能だ。

また著者が批判の対象として引用している人々に逆に共感してしまったりする。

面白い部分もあるが、私にとってはいま一つといった本でした。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。