万年初心者のための世界史ブックガイド

2006年11月21日

タキトゥス 『同時代史』 (筑摩書房)

Filed under: ローマ — 万年初心者 @ 05:55

主著『年代記』に続くネロ死後の内乱時代を叙述したタキトゥスの史書。

出たときに買いました。即読み始めました。最後まで読み通しました。しかし苦しかった・・・・。

通読は『年代記』より相当難しい。まず『ローマ人の物語』の『危機と克服』の巻をしっかり読んで大体のことを頭に入れてから読み出したほうがいいでしょう。

そもそも欠損部分が多く、現存するのははじめの数章のみ。

内乱を収拾してローマ帝国の再建者となるヴェスパシアヌス帝の肖像など興味深い記述はあるが、あくまで余裕があれば読むというスタンスで宜しいんじゃないでしょうか。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。