万年初心者のための世界史ブックガイド

2006年10月17日

司馬遷 『史記列伝 全5巻』 (岩波文庫)

Filed under: 中国 — 万年初心者 @ 06:29

これも抄訳を紹介済みであるが、ヘロドトス・トゥキュディデス・ギボンと並んで世界史の四大古典というべき(私が勝手にそう思ってる)なので、やはり全訳を読んだ方がいいかなあと思い全巻購入。

1回通読はしたのだが、その後手放してしまった。

「蘇秦列伝」「張儀列伝」中の演説での同じような内容の繰り返しや、「司馬相如列伝」でのやたらに長い韻文、その他通読には苦しい部分も多く、抄訳版が有り難く思えるときがある。

だがこれだけ有名な古典だし、初心者でも通読は不可能ではないと思うので、財布に余裕があるときに買っておいてもいいんじゃないでしょうか。

私もできれば買いなおすつもりです。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。