万年初心者のための世界史ブックガイド

2006年10月16日

ヘロドトス 『歴史 上・中・下』 (岩波文庫)

Filed under: ギリシア — 万年初心者 @ 07:16

言わずと知れた「歴史の父」の著作であり、トゥキュディデスと並び賞される古代ギリシア史必読の古典。

これも中央公論・世界の名著『ヘロドトス・トゥキュディデス』で抄訳を読んで、古典として身構えた割には非常に面白いと思ったので、全訳を買って読んでみた。

これまで2回通読したのだが、先日3回目に挑戦しようとして中巻の半ばで挫折。

エジプト、スキタイ、リビアの地誌的記述が延々と続くところで挫折しやすい。

後半ペルシア戦争の叙述が始まると俄然面白くなりますので、そこまで何とか持ちこたえてください。

読みにくい部分もあるが、やはり避けて通れない古典的著作なので、手元に置いておくのが宜しいかと。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。